【 大迫勇也 】 半分冗談、半分本気で、大迫が3人ぐらい必要だなと。 【 ケルン vs シャルケ 】
試合 :ブンデスリーガ 第21節
開催日:2017年2月19日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:シェプフ モデスト

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ケルン 】

FW モデスト 大迫勇也
MF ヨイッチ
MF ラウシュ ヘクトル ヘーガー オルコウスキ
DF ハインツ スボティッチ ソレンソン
GK ケスラー

FW モデスト ツェラー
MF 大迫勇也
MF ラウシュ ヘクトル ヘーガー オルコウスキ
DF ハインツ スボティッチ ソレンソン
GK ケスラー


いきなり前半2分に失点したが、まだ早い時間帯だったので、という感じだった。この試合のケルンは「3-4-1-2」。同じ3バック(5バック)でも、これまで使っていた「5-4-1」ではなく「3-4-1-2」を使った理由はわからないが、大迫にとっては良かったと思う。という事で、前半43分、大迫からのパスを受けたモデストがゴラッソなシュートを決めて同点に追い付く。身体能力の高さが凄いなと。

しかし、トップ下のヨイッチはあまり機能しておらず、大迫が下がって起点となった方が可能性は感じられていたので、後半30分、ヨイッチとの交代でツェラーが入り、大迫はトップ下の位置へ移動。ところが、今度はツェラーにほとんど存在感が無く、モデストもオフサイドにかかってしまうシーンが多く、そのまま試合はスコア「1-1」の引き分けで終わった。半分冗談、半分本気で、大迫が3人ぐらい必要だなと。

その大迫については、8割ぐらいモデストの力によるものだったが、結果としては、この試合でも1アシストしたし、ケルンの攻撃を牽引してる一人なのは間違いない。ただ、現状では、モデストに良いパスを配給できるのは大迫ぐらいしかおらず、そうなると、大迫はどうしてもモデストと縦関係になる中盤に下がってプレイせざるを得ないので、なかなかゴール前で仕事をするシーンは作れない。そこがジレンマだなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/02/21 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 長谷部誠 】 PKを決められず。 【 フランクフルト vs インゴルシュタット 】 | ホーム | 【 酒井高徳 】 1アシスト。守備はタイミングや当たり方に工夫を。 【 ハンブルガー vs フライブルク 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3747-ecb0e863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |