自分でシュートを打つスペースを作る卓越した技術力と賢さ。ルイス・スアレス。
かつては、噛み癖があったり、問題発言をしたり、精神面に問題があるのかな、という選手だったが、それでも今は、世界でナンバーワンの、少なくとも、世界で3本の指には入る、屈指のFW、純粋なCFである、と言っても過言ではないと思う。182センチ、85キロ。ガッチリとした体格だが、182センチは大柄とは言えないし、圧倒的なスピードがあるわけでもない。では、その凄さを生み出しているものは何だろうか?

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
それは、自分でシュートを打つスペースを作る能力に卓越している事、だと思う。狭いスペースでも、スペースが無いと言えるような状況でも、どのようなプレイをすればシュートを打つスペースが作れるのか知っていて、更には、それを成功させる技術力がある。シュートを打つスペースは、あるいは、シュート・コースは、一瞬作れれば良い。そしてそれは、ファースト・タッチも含む、ボールを受ける時の最初のプレイが重要。

ファースト・タッチで、相手がボールに触れないところ、それと同時に、自分がシュートを打てるところ、そこへ高い確率でボールをコントロールする事ができる。それを右足でも左足でも、抜け出しながらでも、相手に囲まれている状況でも。少しのオフ・ザ・ボールの動きで相手との間合いを確保し、それから、卓越したボール・コントロールとアイデアで更にスペースを作る。時にそのプレイは、美しい芸術品のようでもある。

かつては、ゴリゴリとしたドリブルから、仕掛けから、という事が多かったと思うが、今はどちらかと言えば、巧さを感じる事の方が多い。そういう意味では、どのようなプレイをすればシュートを打つスペースが作れるのか知っている賢さ、そして、それを成功させる技術力、という部分においては、日本人にも確実に真似できると言える。そのためには、一定水準以上のフィジカルは必要だが、圧倒的なスピードは必要としない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/03/11 11:45】 | 選手評価 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 大迫勇也 】 チーム状態が悪く我慢が続くのかなと。 【 インゴルシュタット vs ケルン 】 | ホーム | より求められる、個で「はがす」能力。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3765-ddd1ae54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |