UAE戦のスタメンについて。交代で対応できるプランを。
大迫勇也 岡崎慎司 久保裕也
原口元気 本田圭佑 浅野拓磨 宇佐美貴史
香川真司 清武弘嗣 倉田秋 高萩洋次郎
山口蛍 今野泰幸
酒井宏樹 酒井高徳 長友佑都 槙野智章
吉田麻也 森重真人 昌子源 植田直通
西川周作 川島永嗣 林彰洋

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
        大迫勇也
 原口元気   香川真司   倉田秋
     今野泰幸  山口蛍
酒井高徳 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
        西川周作

UAE戦だが、今回のメンバーであれば、上記のようなスタメンにしたい。言ってみれば、このスタメンは、様子見の布陣。左SBにはインテルで出場機会を得られていない長友ではなくハンブルガーで出場機会を得られている酒井高徳、ボランチの1枚には負傷で離脱した長谷部の代わりに今野、というところまでは良いとして、なぜ久保や岡崎ではなく倉田なのかと言えば、それは相手の戦い方や試合展開に、交代で対応したいから。

UAEのホームではあるが、アグレッシブに戦ってくるのか、リトリートして戦ってくるのか、そこがわからないので、もしアグレッシブに戦ってくるようであれば、途中から岡崎と浅野、もしリトリートして戦ってくるようであれば、途中から久保と宇佐美、というプラン。前者の場合は、浅野の1トップ、大迫か香川のトップ下、右に岡崎、という形。後者の場合は、大迫と久保の2トップ、左右に原口と宇佐美、香川をボランチへ。

そして、同じような考え方で、もし後半に入ってリードしている展開ならば、途中から岡崎と浅野、もし後半に入ってビハインドの展開ならば、途中から久保と宇佐美、というプランで、その場合の布陣も前述と同じ。それから、好調の選手たちを全てスタメンで使ってしまうと、それで苦しくなった場合に追い詰められた感が出てしまうので、少なくとも1人ぐらいは好調な選手を交代の切り札として残しておきたい、という事も1つ。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/03/22 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<選手の距離感。セットプレイ。守備の設定位置と個々の選手の粘り強い対応。 | ホーム | 【 乾貴士 】 壁を乗り越えられない原因。 【 エイバル vs エスパニョール 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3776-b6376856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |