ダイアゴナル。大きなワンツー。DFラインを破るドリブル。
岡崎慎司 久保裕也 小林悠
原口元気 本田圭佑 浅野拓磨 宇佐美貴史
香川真司 清武弘嗣 倉田秋
山口蛍 遠藤航
酒井宏樹 酒井高徳 長友佑都 槙野智章
吉田麻也 森重真人 昌子源 植田直通
西川周作 川島永嗣 林彰洋

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
やはりポイントになるのはダイアゴナルだと思う。パスも動きもダイアゴナルを多用して攻める、という事が重要。サイドを起点にし、横幅を広く使い、相手の守備を揺さぶる、広げさせる、という事ができたとしても、そこからどう仕留めるのか、そこからフィニッシュをどうするのか、という時に、直線的なパスや動きは相手に対応されやすく、GKに反応もされやすくなるし、シュートブロックもされやすくなってしまう。

そして、大きなワンツー、というのもポイントになると思う。日本の選手は小さなワンツーを好む傾向にあると思うが、または、ワンツーとはそういうものであるという認識が強いのかもしれないが、パスワーク、もしくは、連携の基本であるとも言えるワンツーは、より大きい方が効果があるし、成功しやすくもなってくる。狭い局面を突破しようという場合は、小ささよりも、大きさ、広さ、長さを強く意識してもらいたい。

更に、DFラインを破るドリブル、というのもポイントになると思う。サイドで剥がしてクロスに持ち込むドリブル、中盤で剥がして数的優位を作ったり相手の守備にスペースを作らせるドリブル、それから、PA内へと持ち込むドリブル、という事も、もちろん重要なのだが、決定力を上げる、という事のためには、DFラインの裏へグイッと出るドリブル、というのが効果的であり、それができるかどうかで難易度は変わる。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/03/28 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】 | ホーム | タイ戦のスタメンについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3782-4b5f23a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |