タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】
試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第7戦
開催日:2017年3月28日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-0」
得点者:香川真司 岡崎慎司 久保裕也 吉田麻也

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF   原口元気   香川真司   久保裕也
MF       酒井高徳  山口蛍
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

FW          岡崎慎司
MF   宇佐美貴史  清武弘嗣   本田圭佑
MF       酒井高徳  山口蛍
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣


ハリルホジッチのサッカーは格下向きではない。互角もしくは格上向きである。という事はあるので、結果はともかく、タイ相手にこういう感じの内容の試合になってしまったのは、やはり仕方がない部分もあったのかなと。大迫が岡崎に、今野が酒井高徳に、そして、「4-1-4-1」から「4-2-3-1」になっていたが、基本的にコンセプトとしてのスタメンのメンバーはアウェイのUAE戦と同じで、もっと言えば、大迫が岡崎になっていた事で、よりカウンター向きになっていた、という事も言える。

思ったよりもタイがリトリートした戦い方ではなかったので、そのおかげで4得点を奪う事はできたが、もしタイがシンガポールのようにリトリートしてきたら、やはりなかなか得点を奪えずに苦戦したと思うし、なぜ日本が想像以上に攻められてしまったのか、あるいは、なぜ日本が想像以上にタイに主導権を握られてしまったのか、というのは、原因が明確だったと思う。それはなぜかと言えば、相手との力関係や相手の戦い方を考えた場合に、ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣であったから。

守備には大きく2つの方法があって、1つには堅守型、2つにはポゼッション型。堅守型の守備というのは、簡単に言ってしまえば、相手にボールを持たせ、あえて相手に攻めさせる守備の事。そして、ポゼッション型の守備というのは、簡単に言ってしまえば、自分たちが圧倒的にボールを支配して、相手に攻撃をさせない守備の事。という事は、どう考えても、タイと日本の力関係やタイの戦い方を考えた場合には、日本はポゼッション型の守備をしなければならなかったのだが、それ向きの布陣ではなかった。

岡崎、原口、久保、という3人もそうであるし、ボランチ、あるいは、中盤の1枚に酒井高徳というのは、明らかにポゼッション向きではないし、GK川島もそうだと言える。従って、ポゼッションしようとした時に、または、ポゼッションするべき時に、ミスが多かったり連携が悪かったりしてポゼッションできず、ボールをすぐに自滅でロストしたり奪われたりして、それが、日本が想像以上に攻められてしまった、あるいは、日本が想像以上にタイに主導権を握られてしまった、その明確な原因だったと思う。

ちなみに、森重を筆頭に、DFラインの選手たちにパスミスや突っ掛けられての危ないシーンが多かったと思うのだが、それはDFラインの選手たちのせいだけであるとは言えない。その原因の1つは、特に酒井高徳と山口のダブルボランチがそうだったが、岡崎、原口、久保、という3人も含めてそうで、場合によってはGK川島もそうで、ビルドアップの時のプレイ、動き方、ポジショニング、ボールの受け方、それが悪かったからだと言える。従って、大勝ではあったが、采配としては失敗の方だったかなと。

しかし、もちろん、W杯においては、タイのような格下と戦う事はまず無いし、残りの最終予選の試合も、対戦相手はイラクとオーストラリアとサウジアラビアであるから、そして、イラク戦とサウジアラビア戦はアウェイであるから、この先は日本がポゼッション型の守備で戦う試合は無いと思うので、そういう意味では問題無いと言えるし、むしろ、ハリルホジッチのサッカーが、格下向きではない、互角もしくは格上向きである、というのは心強いしありがたい。そうである方がW杯では大きな希望が持てる。

つまり、今回のタイ戦を終えれば、ここから先は、W杯仕様の戦い方を突き詰めていくだけで良くなる。アジア最終予選を突破すれば、完全にそうなる。そして、そうなってからが、ハリルホジッチの真価であり、また、W杯に向けて、誰が生き残るのか、どの選手が必要でどの選手が必要ではないのか、その本当の選考がスタートすると言える。W杯での1トップやトップ下、あるいはSH(ウイング)は、他の誰よりも岡崎の方が良いかもしれないし、中盤は、今野や倉田のような選手が軸になる可能性もある。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/03/29 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<タイ戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。久保裕也。香川真司。酒井高徳。山口蛍。 】 | ホーム | ダイアゴナル。大きなワンツー。DFラインを破るドリブル。>>
コメント
いつも楽しく拝読しております。

ハリルホジッチは本当にポゼッションに対して発想しないんですね。
それが、ただ苦手なだけなのか、これからの戦いを考えて無意味と考えてるのかわかりませんが、ビルドアップにミスの起きやすい状態にしたことさえ、タイを少しでも前がかりにさせるための策なのかと思えます。

この先、前線は個で剥がせる力が仰る通りますます重要になってくると思いますし、後方はもちろん守備的になるのですが、前線が個で挑む機会を後方が作ってあげられるかどうか、という点が非常に心配です。
長谷部では繋げない、今野ではアジアでしか通用しない、森重は代表デビュー時に比べて思い切りがなくビビってる、という台所事情だと思うので、あと3試合、相手が前に来てくれる可能性のある中で、是が非でもビルドアップの最適解を見つけて欲しいと思います。
【2017/03/29 22:00】 URL | henchikuririn #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3783-f528b4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |