【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】
試合 :CL 準々決勝 1st.leg
開催日:2017年4月12日
結果 :モナコ勝利
スコア:「2-3」
得点者:ムバッペ O.G. デンベレ ムバッペ 香川真司

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW オーバメヤン
MF デンベレ 香川真司
MF シュメルツァー ゲレイロ ヴァイグル ギンター
DF ベンダー ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ

FW オーバメヤン
MF 香川真司 デンベレ
MF ゲレイロ サヒン ヴァイグル プリシッチ
DF ギンター ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ


オフサイドだったような気がするが、前半19分に失点。更には、前半35分にもベンダーのオウンゴールで失点し、前半で2点のビハインドとなってしまった。という事で、後半スタートから、ベンダーとの交代でサヒン、シュメルツァーとの交代でプリシッチを入れ、システムは「3-4-2-1」のままだったが、これで流れが良くなり、後半12分、オーバメヤン→香川→デンベレ、という形で1点を返す事に成功。

しかし、後半34分、DFラインのミスから失点してしまい、後半39分には香川の得点で再び1点差に追い上げたが、最後にあった決定機もオーバメヤンが決められず、そのまま試合はスコア「2-3」で終了。ドルトムントとしては、アウェイ・ゴールを3つも与える痛い敗戦となってしまった。とにかく、前半の2失点が痛かったし、運もなく、ミス絡みの失点が2つと、そういう試合なってしまうと勝つのは難しい。

香川については、1ゴール1アシストと活躍。前半は少し苦しんだが、特に後半は良く、アベレージとしてのパフォーマンスは良かった。「3-4-2-1」の「2」のポジションで、前半は主に右、後半は主に左、だったと思うが、とにかく動きが完全に数年前の良かった時に戻っており、この試合の結果は残念だったが、現在の香川は絶好調だと言えると思う。このまま今の好調を維持し続け、完全復活してもらいたい。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/04/13 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】 | ホーム | コスタリカ戦(女子) 【 日本の良さが100%近く発揮された試合だった。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3793-b7e79440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |