【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】
試合 :CL 準々決勝 1st.leg
開催日:2017年4月12日
結果 :A・マドリード勝利
スコア:「1-0」
得点者:グリーズマン(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ
MF 岡崎慎司
MF オルブライトン ディディ ドリンクウォーター マフレズ
DF フクス フート ベナルアン シンプソン
GK シュマイケル

FW スリマニ
MF オルブライトン キング ドリンクウォーター マフレズ
MF ディディ
DF フクス フート ベナルアン シンプソン
GK シュマイケル


どちらのチームも堅守が持ち味であり、こういうチーム同士の試合では、たまに予想外の打ち合いになる場合もあるが、この試合は大方の予想通り、やはりロー・スコアの堅い試合になった。前半28分、やや微妙な判定だったが、カウンターからPKを獲得したA・マドリードが先制点。そして、そのまま前半が終了すると、レスターは後半のスタートから岡崎との交代でキングを入れ、システムを「4-1-4-1」へと変更。

おそらくは、ホームでの2nd.legを見据え、それ以上は失点しない事を最優先にする判断だったのかなと。ただ、それほど前半の守備も悪かったとは感じなかったし、いつも通り、岡崎を後半の途中まで使って、というプランでも良かったと思うのだが、なぜ早目に動いたのかは正直わからない。シェイクスピアに監督は交代しているが、ラニエリ時代は「4-1-4-1」が機能しなかったし、そういう意味では少し怖さもあった。

それから、後半32分にはヴァーディとの交代でスリマニを入れたのだが、守備に大きく比重を傾け、尚且つ、得点の可能性も残しておくのであれば、やはりタイプ的には、1トップはヴァーディにしておいた方が良かったと思うし、更に言えば、マフレズがボールを失ってしまう事も多かったので、そこを交代させた方が良かったのではないかとも感じた。従って、そういう意味では、個人的には、やや監督の采配に不安を感じた。

しかし、結果的には、スコア「1-0」での敗戦で終えられたので、結果は狙い通りに近かったと思うし、これで突破の可能性が大きく残った。ホームでの2nd.legに期待したい。そして、この試合の岡崎については、いつも通りのパフォーマンスだったが、いつも通り、という意味では、フクスのクロスから1回あった得点機を決めてもらいたかった、という事は言えた。それができていれば、また評価は大きく上がったと思うので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/04/14 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】 | ホーム | 【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3794-b961f4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |