【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】
試合 :ブンデスリーガ 第29節
開催日:2017年4月15日
結果 :ドルトムント勝利
スコア:「3-1」
得点者:ロイス ファビアン ソクラティス オーバメヤン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW オーバメヤン
MF ロイス 香川真司
MF シュメルツァー サヒン ヴァイグル プリシッチ
DF ベンダー ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ

FW オーバメヤン
MF デンベレ 香川真司
MF シュメルツァー サヒン カストロ プリシッチ
DF ギンター ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ


ロイスとオーバメヤンの2トップで香川のトップ下だったのか、それともロイスと香川が「3-4-2-1」の「2」のポジションだったのかは微妙だが、CLの1st.leg、A・マドリード戦の後半から入って良いパフォーマンスだったサヒンとプリシッチがスタメン、という布陣だった。前半2分、プリシッチからクロスをロイスが上手く流し込んでドルトムントが先制点。相手の戦い方を考えても幸先の良いスタートだった。

更には、前半29分には素晴らしいミドルシュートを決められ同点に追い付かれてしまうが、前半34分にはソクラティスが同じく素晴らしいミドルシュートを決めて突き放す。そして、後半のスタートから、ロイスとの交代でデンベレ、ベンダーとの交代でギンターを入れたドルトムント。しかし、後半は前半と違って膠着状態となり、後半32分にはヴァイグルとの交代でカストロを入れるも、なかなか試合は動かなかった。

ただ、失点しそうな感じは無かったので、このままスコア「2-1」の勝利で終われるかな、という感じだったが、そう思っていた矢先の後半41分、デンベレとオーバメヤン、2人だけでのカウンターで3点目を奪い、結局、結果はスコア「3-1」でドルトムントが勝利が収めた。怪我明けのロイスが得点を決め、ドルトムントへ復帰後、なかなか調子が上がらなかったサヒンにも復活の兆しがあり、チーム状態は悪くない。

ちなみに、この試合の香川については、数試合続いていた絶好調からは半歩ぐらい調子のバイオリズムが落ちていたかな、という印象だったが、この試合で一息付き、また次の試合からはパフォーマンスのギアを上げてもらいたい。デンベレとゲレイロもいるし、ロイスとカストロが怪我から復帰したので、好調を維持し続けないとスタメン落ちする可能性もある。できれば、代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/04/16 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 宇佐美貴史 】【 大迫勇也 】 まだ変わらない状況と怪我明けの影響。 【 アウグスブルク vs ケルン 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3795-5193e014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |