【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】
試合 :DFBポカール 準決勝
開催日:2017年4月26日
結果 :ドルトムント勝利
スコア:「2-3」
得点者:ロイス ハビ・マルティネス フンメルス オーバメヤン デンベレ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW ロイス オーバメヤン
MF ゲレイロ ヴァイグル カストロ デンベレ
DF シュメルツァー ベンダー ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ

FW ロイス オーバメヤン
MF シュメルツァー ゲレイロ ヴァイグル デンベレ ドゥルム
DF ベンダー ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ

FW ロイス オーバメヤン
MF シュメルツァー ゲレイロ ヴァイグル デンベレ プリシッチ
DF ベンダー ソクラティス ドゥルム
GK ビュルキ


「4-4-2」だったが、守備に重きを置きつつ、個でのカウンターに可能性が高い選手、という事を考えた布陣だったと思う。しかし、前半19分に先制点は奪えたのだが、前半29分と前半41分に失点してしまい、前半は1点のビハインドで終了。左サイドのリベリに対して守る右サイドのデンベレとピシュチェク、そこが少し厳しい感じだった。という事で、攻撃的にせざるを得なかった、という事もあったし、ドルトムントは後半のスタートからカストロとの交代でドゥルムを入れ、「5-3-2」へと変更。

そして、それが功を奏し、後半24分にデンベレのクロスからオーバメヤンが決めて同点に追い付くと、後半29分にはデンベレが見事なシュートを決めて逆転に成功。そのままドルトムントが勝利を収めた。「5-3-2」にして、デンベレがリベリに守備対応しなくてもよくなった、それが攻守にプラスとなった、という事もあったし、それから、ドイツ代表もそうだと言えるが、バイエルンの守備も戦術ノイアーであるとも言えるので、やはり、この試合も、GKノイアーの不在が大きく結果を左右させたかなと。

ちなみに、残念ながら香川の出場は無かったが、強度の高い試合だったり、堅守カウンターの戦い方だったり、特に個の力でカウンターを、という事になってくると、ドルトムントにはそれに適した選手が少なくないので、やはり香川は外されてしまうのかなと。そしてそれは、ハリルジャパンがW杯で戦う時にも、そういう戦い方で、そういう布陣で、という事になる可能性は高いと思っていて、これからの香川はそこを打破しないと、という事はあると思う。そのための方向性の選択肢は2つだが、さてどうするか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/04/27 14:50】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/04/29 10:41】 | #[ 編集] | page top↑
2つがなんなのか気になるのですが(笑)
【2017/04/28 08:30】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3802-f61b85ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |