【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第36節
開催日:2017年5月6日
結果 :A・マドリード勝利
スコア:「1-0」
得点者:サウール

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW エンリヒ キケ・G
MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ P・レオン
DF ジュンカ ルジューヌ ラミス アリビラ
GK ジョエル

FW エンリヒ A・ゴンサレス
MF ペーニャ ダニ・G エスカランテ P・レオン
DF ジュンカ ルジューヌ ガルベス アリビラ
GK ジョエル


エイバルには2つチャンスの時間帯があって、乾のシュートなどもあったが、1つには立ち上がりの時間帯。その時間帯はエイバルの攻撃が良い感じで、まだA・マドリードの守備のエンジンが温まっていない感じだった。そして、2つには後半に入り、失点する後半24分までの時間帯で、後半になってからのA・マドリードは攻撃のギアを上げ、リスクを少し増やして攻めるようになったので、そこでカウンターから、という事。

しかし、前半の立ち上がり以降は、シュートが枠に飛ばない幸運もあって失点しなかったが、後半に入ってカウンターからという攻撃も上手くできず、結局は後半24分に失点し、そうなってしまうと、リードして守りに比重を傾けるようになったA・マドリードから得点を奪うのはかなり厳しくなり、そのまま試合はスコア「1-0」、エイバルの敗戦で終わった。そこには日程的な有利さだけでは補えない個の差があったかなと。

乾については、後半31分に交代となったが、厳しい日程の中、タフなパフォーマンスで2試合をフル出場したので、その後に一週間の間隔はあったのだが、この試合も守備負担が多かったし、やはり後半の途中からはキレが無くなってしまい、という感じだった。そういう意味では、前半、試合の立ち上がりの時間帯が、乾にとっても、得点やアシストができる最大のチャンスの時間帯だったかなと。バルセロナ戦では期待したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/05/08 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには? | ホーム | 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3809-63539ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |