【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】
試合 :プレミアリーグ 第37節
開催日:2017年5月13日
結果 :マンチェスター・C勝利
スコア:「2-1」
得点者:シルバ ジェズス(PK) 岡崎慎司

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ
MF 岡崎慎司
MF オルブライトン ディディ キング マフレズ
DF チルウェル フクス ベナルアン シンプソン
GK シュマイケル

FW ヴァーディ
MF スリマニ
MF グレイ ディディ アマーティ マフレズ
DF チルウェル フクス ベナルアン シンプソン
GK シュマイケル


前半29分に先制点を奪われ、前半36分にはPKから2失点目。しかし、前半42分、左からのクロスを岡崎が鮮やかなダイレクトボレーで合わせ、前半はスコア「2-1」で終了。そして後半は、PKで同点に追い付くチャンスもあったレスターだが、軸足が滑って二度蹴りになってしまい、そのマフレズのPKは決まったが無効に。という事で、後半28分には岡崎との交代でスリマニ、後半35分にはオルブライトンとの交代でグレイを入れたレスターだったが、そのまま試合はスコア「2-1」で終了した。

結果は敗戦だったが、ようやく岡崎に今季の3点目が生まれた事は嬉しかった。やはり、ストライカー的な役割でプレイしたかったら、こういう1試合で1回か2回ぐらいあるチャンスで決め続ける、という事が必要だと思う。そうすれば、自然とラストパスが集まってくるようになると思うし、それじゃあ、この試合はヴァーディではなく岡崎をストライカー的な役割で起用してみようとか、岡崎は得点を取るかもしれないから、もう少し交代時間を遅らせてみようとか、自然と監督の考え方がそうなってくるはず。

そこはやはり、純粋に結果が判断材料になるところで、もちろん、戦力的な事情や巡り合わせの幸運により、最初から望む役割でプレイできる事はあるかもしれないが、そうではない所で岡崎はチャレンジしているわけだから、まずはフォア・ザ・チームと与えられた役割をきちんとこなして試合に出場し続け、この試合のように少ないチャンスで得点を取る、取り続ける、という事をするしかないと思う。但し、間違い無く今のレスターには岡崎の守備への献身性というのが必要で、そこは誇りに思ってもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/05/14 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】 | ホーム | 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3811-222a6ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |