南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】
試合 :Uー20W杯 グループステージ 第1戦
開催日:2017年5月21日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:マージマン 小川航基 堂安律

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 岩崎悠人 小川航基
MF 三好康児 板倉滉 坂井大将 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮
GK 小島亨介

FW 久保建英 小川航基
MF 遠藤渓太 原輝綺 坂井大将 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮
GK 小島亨介


守備については、このチームはMFのラインの守備力があまり高くないので、DFライン、特に中山と富安のCBコンビの守備力、やはりそこが生命線で、初戦という事もあったと思うし、前半、特に最初の方は、なかなか上手く対応できていなかったが、後半は上手く対応できるようになり、それが1失点で済んだ要因になったと思う。しかし、3失点ぐらいはしていてもおかしくない守備ではあったので、やはりそれは、SB、そして、特にボランチだがMFの4枚、そこの守備力の弱さや対応の悪さが原因になっていたから、次の試合は、組織としても個としても、そこを意識して試合に臨んでもらいたい。

攻撃については、相手が「4-1-4-1」で、アンカーの横にスペースが有り、特に日本の左サイドの方が、そのスペースを起点にして縦へ抜けやすかったので、その形から2得点を奪えて良かったと思う。途中で交代となったが、三好と岩崎がそこに攻略の糸口を見つけていたし、そして、後半3分の同点後の後半14分に久保、後半23分に遠藤を入れ、上手く交代采配で左サイドを活性化し、それが当っての見事な逆転劇だった。ただ、やはり攻撃でも、SBとボランチのパフォーマンスがもう少し良ければ、という印象はあって、そこのポジションの選手たちは、危機感を持ってプレイしてもらいたい。

初戦で勝てた事は大きかったと思うし、3位までグループステージ突破の可能性はあるが、おそらく、ウルグアイとイタリアは南アフリカよりも実力上位だと思うから、この初戦のようなパフォーマンスだと勝てないのではないだろうか。とにかく、良い成績を残すためには、大会前に云々という事もあるが、やはり、チームとしても個としても、大会に入ってからの成長、という事が大きなポイントになると思うから、それを自覚しながら戦ってもらいたい。ちなみに、久保建英については、やはりまだ身体的な弱さというのは当然あるので、試合がオープンになったら投入、という使い方がベストなのかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/05/22 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】 | ホーム | ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3814-d2d3922d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |