【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第38節
開催日:2017年5月21日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「4-2」
得点者:乾貴士×2 O.G. スアレス メッシ(PK) メッシ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW エンリヒ キケ・G
MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ ペーニャ
DF ジュンカ ルジューヌ アリビラ カパ
GK リエスゴ

FW キケ・G
MF 乾貴士 ダニ・G リベラ P・レオン
DF ジュンカ ルジューヌ ガルベス アリビラ
GK リエスゴ


レアル・マドリードが負け、バルセロナが勝利すれば、バルセロナが逆転で優勝する、という最終節だったが、なんと前半7分の先制点はエイバルで、しかも乾だった。更には、、前半16分にも乾が追加点を奪い、前半の内に乾の2得点でエイバルがスコア「0-2」でリードするというサプライズな試合だった。どちらの得点も、右からのクロスやラストパスから、左足で決めたものだったが、素晴らしいシュートだった。

しかし、前半18分に1点を返されてしまうと、後半になってからはバルセロナがギアを上げてきたり、審判がバルセロナを勝たせようとするような笛を吹くようになったり、という事もあって、それでも結局優勝はレアル・マドリードだったが、この試合の結果はスコア「4-2」でバルセロナの逆転勝利だった。という事で、今季のエイバルは第10位という成績に終わり、残念ながらELへの出場権は獲得できなかった。

乾については、これまでの決定力不足が嘘のような決定力をこの試合では発揮し、警戒されていなかったから、という事もあったとは思うが、今季の頑張りが報われたような、カンプノウでのバルセロナからの、日本のサッカー界の歴史に残るようなインパクトの強い2得点だった。さて、今季はアベレージとしては良いパフォーマンスだった事も含め、この試合の2得点をハリルホジッチがどう評価するのか。楽しみに待ちたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/05/23 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】 | ホーム | 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/05/24 22:28】 | #[ 編集] | page top↑
今シーズン、リーガで決めた得点はどれも素晴らしかったです。

本田も点決めてましたし、いつ出てもいいような準備をそれぞれがしていたんだと改めて感じました。

しいて言えば、守備的MFが一人出てくればと思います。
【2017/05/23 22:15】 URL | きゃらばん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3815-97dea552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |