ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】
試合 :Uー20W杯 グループステージ 第2戦
開催日:2017年5月24日
結果 :ウルグアイ代表勝利
スコア:「0-2」
得点者:スキアッパカッセ オリベラ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 岩崎悠人 小川航基
MF 三好康児 原輝綺 市丸瑞希 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮
GK 小島亨介

FW 久保建英 岩崎悠人
MF 三好康児 坂井大将 市丸瑞希 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮
GK 小島亨介


想定内だったかもしれないが、日本のポゼッション率の方が高くなった時、ボールを持たされた時、小川がいなくなって楔のパスが難しいと、相手のフィジカルの方が強くて縦パスを収めるのが難しいと、それから、久保、堂安、三好、という3枚を揃えても、なかなかドリブルで切り崩すのも難しいと、という事になった場合には、後ろでボールを回しながら、ピンポイントのパスでDFラインの裏か、楔のパスを入れたらワンタッチのパスを1回か2回でDFラインの裏を狙って、という事しか無かったと思う。

ただ、やはり、個の力の差、というのは、フィジカルの強さから決定力まで様々あって、実力差的には、10回戦ったら日本は2回か3回ぐらいは勝てるかな、という感じだったと思う。もちろんそこは、こういう相手との対戦経験が増えれば上がってくるとは思うが、例えアジアで無失点で優勝したとしても、南アフリカ戦で1失点、ウルグアイ戦で2失点、という結果が示しているように、そこには1つ2つのレベル差がまだあって、それを埋める作業がとにかく難しい。またそれが日本の立ち位置だと言える。

という事で、イタリアに勝つか、最低でも引き分けて3位での通過を狙うか、という事になるが、という事は、無失点なら負ける事は無いわけだから、やはり鍵を握っているのは守備力で、つまり、このチームのストロング・ポイントを出せるかどうか、という事になってくると思う。結局、グループステージを突破できれば、今回のウルグアイ戦の負けはどうでもよくなるし、無失点試合を1つ、または、無失点ではなくても守りきって勝ちや引き分けにした試合を1つやれば、そこから上昇気流に乗れると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/05/25 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。 | ホーム | 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3816-261a59e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |