攻撃を封じてしまえば勝算は高くなるかなと。 【 カメルーン vs オーストラリア 】
試合 :コンフェデ2017 グループB 第2節
開催日:2017年6月22日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:アンギサ ミリガン(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 カメルーン 】

FW ムカンジョ アブバカル バソゴグ
MF アンギサ ジュム
MF シアニ
DF ファイ テイク ヌガドゥ マブカ
GK オンドア

FW トコ アブバカル バソゴグ
MF アンギサ ジュム
MF シアニ
DF ファイ テイク ヌガドゥ マブカ
GK オンドア

攻撃については、やはり身体能力は高くて、特に右ウイングのバソゴグの突破力は驚異的だったが、そのバソゴグにしても他の選手にしても、最後のところが雑というか、少し繊細なテクニックを持っていそうなのはアンギサぐらいで、その雑さという部分を改善できないと、やはり厳しいと思う。北アフリカ地域は少し違うと思うが、個のテクニックと組織的な部分の雑さ、そこを改善しないとアフリカ勢は伸びないかなと。

守備については、身体能力の高さでユーリッチとロギッチを封じ、ドイツ戦よりは高い位置からディフェンスして、そういう意味では、対オーストラリアの守り方はできていたかなと思う。但し、やはりどうしても、身体能力に頼りすぎて、個だけでやる、という感じになってしまうので、欧州や南米の強豪国と対戦した時には難しくなる気がする。欧州でプレイしている選手も多いが、あまり組織性は身に付かないのかなと。


【 オーストラリア 】

FW ユーリッチ
MF ロギッチ クルーズ
MF ガースバック ムーイ ミリガン レッキー
DF ライト セインズベリー デゲネク
GK ライアン

FW ケーヒル
MF トロイージ アーバイン
MF ガースバック ムーイ ミリガン レッキー
DF ライト セインズベリー デゲネク
GK ライアン

ユーリッチとロギッチを封じれば、という事は1つ見えた要素だが、カメルーンには高い身体能力があったので、それが無い日本の場合には、そう簡単には封じられないと思う。但し、その2人は足元でボールを受けるタイプなので、きちんとタイトに対応すれば、ある程度は封じられると思うのだが、やはり怖いのは裏へ走るタイプのクルーズで、クルーズの2列目からの飛び出しには注意しないと、かなり危険かなと思う。

後は、そこがボールの奪いどころになる可能性もあるし、ムーイには必ずプレスをかけて、それから、サイドでの攻防で負けない事、という事が大きなポイントになるかなと。攻撃を封じてしまえば、この試合ではカメルーンの雑さに助けられて1失点だったが、3バック、全体的な守備の強度というのは高くないと思うから、日本がアジリティとテクニックと連携性を発揮できれば、1点もしくは2点ぐらいは取れるかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/06/24 11:45】 | コンフェデ2017 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<若手のドイツと円熟のチリ。 【 ドイツ vs チリ 】 | ホーム | 相手の弱い部分を攻める戦い。 【 メキシコ vs ニュージーランド 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3839-ed9bc697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |