やはりサッカーはドイツが勝つようにできている? 【 ドイツ vs チリ 】
試合 :コンフェデ2017 決勝
開催日:2017年7月2日
結果 :ドイツ勝利
スコア:「1-0」
得点者:スティンドル

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドイツ 】

FW ベルナー
MF ドラクスラー スティンドル
MF ヘクトル ルディ ゴレツカ キミッヒ
DF リュディガー ムスタフィ ギンター
GK テアシュテーゲン

FW スティンドル
MF ドラクスラー キミッヒ
MF ヘクトル ルディ ジャン ギンター
DF リュディガー ムスタフィ ズーレ
GK テアシュテーゲン

ハイプレスを受けて、なかなかボールを繋げないとか、なかなかチャンスを作れないとか、もちろんそれは、もし想定していても苦しいとは思うが、しかし、やはりそれが想定の範囲内であれば、ある程度は対応力が上がると思うので、失点しなかった事も然り、耐えて一瞬の隙きを見逃さず得点した事も、おそらく狙い通りではあったと思う。またそれを、南米王者のチリを相手に、若手主体で遂行できたドイツは流石だった。

ドラクスラーやキミッヒなど、若手主体ではなくてもフル代表に選ばれているような選手を軸に据え、そして、ベルナー、スティンドル、ゴレツカ、という3人がハマり、更には、GKテアシュテーゲンの安定と、大会中のチームの成長(自信の獲得と連動性の向上)によって、今回のドイツは優勝まで辿り着けたのかなと思う。それにしても、ここ10年から15年ぐらいのドイツの育成は完全に成功していて、羨ましいなと。


【 チリ 】

FW アレクシス バルガス
MF ビダル
MF エルナンデス M・ディアス アランギス
DF ボセジュール ハラ メデル イスラ
GK ブラボ

FW アレクシス サガル バレンシア プッチ
MF ビダル
MF エルナンデス
DF ボセジュール ハラ メデル イスラ
GK ブラボ

2015年と2016年のコパ・アメリカを連覇したチリが、若手主体のドイツに0勝1分1敗だったというのは、結構ショックがあったかなと。アレクシス・サンチェスやビダルを筆頭に、やはり高い個の力はあったと思うし、戦い方も高いレベルでしっかりと確立されていると思うのだが、それでも及ばなかったものは何であるのか。但し、それを確かめるためには、ロシアW杯でのチリの戦いを見なければならないかなと。

例えば、1つの大会や90分間(あるいは120分間)という事ではなく、チームとしてのサイクルという事において、この戦い方は時間的な制約が厳しいとか、あまりにも個の力の高さや個による頑張りをオーバー気味に必要としてしまうとか、ダイナミックさと堅実性のバランスが難しいとか、そのあたり。おそらくそこは、もう1年経つと、より明確になってくるような気がするので、そこもロシアW杯では楽しみにしたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/07/03 11:45】 | コンフェデ2017 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<総括。コンフェデレーションズカップ2017。 | ホーム | 若手中心のドイツが躍進。 【 ドイツ vs メキシコ 】>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/07/25 01:38】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3846-e7f78a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |