対オーストラリアを考える。攻守においてのポイント。
まず守備については、近年のオーストラリアはキック&ラッシュではなくポゼッション型の戦い方を志向していて、尚且つ、そのポゼッション型の戦い方はまだ道半ばなので、やはり日本はハイプレス型の守備をする方が有効だと思う。そして、その場合、司令塔的な役割を果たすのは、トップ下かボランチでプレイするであろうムーイという選手で、逆に言えば、そこがボールの奪い所にもなるので、そういう狙いを持ってプレスを仕掛けてもらいたい。おそらく、それがハマれば、攻守に大きな効果を生むと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
但し、対日本という事やアウェイである事などを考えると、オーストラリアはポゼッション型ではなくキック&ラッシュで戦ってる可能性も否定できない。あるいは、途中からそういう戦い方に切り替えてくる可能性も高い。むしろ、怖いのはそちらの方で、高さのあるFW、ユーリッチへの対応、それから、ゴリゴリと仕掛けてくるロギッチとルオンゴ、更に言えば、トロイージという選手にも注意が必要で、そういう選手たちへの対応で競り負けたり弱さを見せたりすると、失点の可能性は高くなってしまうかなと。

その他には、サイドでの攻防で負けない事はもちろんとして、裏へ飛び出すタイプのクルーズであったり、全盛期は過ぎているが、日本キラーのケーヒルであったり、そのあたりの選手にも注意が必要。今のオーストラリア代表は、どちらかと言えば守備力よりも攻撃力が高いチームで、それは攻撃陣のタレント力やタイプの多彩性を考えても然りと思える。但し、逆に言えば、あまり守備力は高くないので、攻撃力を封じる事ができれば、日本の勝機はかなり高くなると言える。そこはやはり強く意識してもらいたい。

そして、攻撃については、おそらくオーストラリアは3バックの「3-4-1-2」か「3-4-2-1」で戦うと思うが、その3バックの強度はあまり高くない。従って、ショートカウンターを狙うのは当然として、しかし、押し込んだ状態でも、サイドを切り崩し、ニア、ファー、マイナス、どこかにクロスを入れて合わせれば、得点できる可能性は高いと思う。例えばだが、乾と長友の左サイドで切り崩し、ニアに岡崎、ファーに本田、マイナスに香川ともう一枚、のような形を作れば、得点は取れるはずと思う。

そこにダイアゴナルなパスや動きを組み合わせれば、後は決定力の問題だけになってくるかなと。日本はまだオーストラリアにアジア予選の試合で勝った事は無いが、意外と、ここがその流れを断ち切れる大きなタイミングであるように感じる。なぜかと言えば、今回のオーストラリア戦は、意外と攻略の糸口が明確に見えているのではないかと感じるからで、きちんとタスクを完遂できれば、その結果は勝利になると思えるから。従って、迷わずに、しっかりと準備した事をピッチで表現できれば、という事を思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/08/26 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 今季の乾の問題は? 【 エイバル vs ビルバオ 】 | ホーム | オーストラリア戦とサウジアラビア戦に向けたメンバーについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3853-ef21b6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |