ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2017年10月6日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:大迫勇也(PK) ウッド 倉田秋

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  武藤嘉紀    香川真司    久保裕也
MF       井手口陽介 山口蛍
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

FW          杉本健勇
MF  乾貴士  倉田秋   小林祐希 浅野拓磨
MF          遠藤航
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣


失点したので、不合格かなと。ブラジルW杯のコートジボワール戦のような感じだった。相手がニュージーランドだったので、1失点、2得点、という結果での勝利を得たが、日本が先制点を奪い、ビハインドになったニュージーランドがギアを上げると、そのまま圧力を押し返せずに失点、という流れ。やはり、あれぐらいの圧力やクオリティの攻撃力に耐えられない守備力では、W杯での結果というのは見えているかなと。

左に武藤、右に久保。CFもやるような選手を左右のウイングに置いていたので、彼らがダイアゴナルな動きで中央に入ってくる形、それは良かったと思うし機能していたと思う。それから、途中から乾が左サイドの高い位置に入り、今度はそこを起点にして攻める、という形も良かったし、機能もしていたと思う。しかし、攻撃はそれぐらいはやれるだろう、というのはわかっていた事で、やはり、大きな問題は失点した事。

つまり、守備力。以前と同じく、右サイドの久保の守備力には物足りなさを感じたし、左サイドの武藤についても、後半になるとパフォーマンスが落ちた。そして、流れが悪くなった時に、あるいは、相手に主導権が移った時に、香川は存在が消えてしまったし、山口と井手口の良さも発揮されなくなってしまった。そうなってしまうと、やはりDFとGKの守備力だけでは・・・、というのが、今の日本の現状であると思う。

従って、まずはそこの守備力を向上あるいは担保しないと、という事が重要であり、そこの守備力というのは、DFとGKの守備力も然りではあるが、やはり、中盤の守備力、という事であって、守備力のある選手を中盤中央の3枚に並べる、尚且つ、少なくともサイドの攻撃的な位置にも1枚は原口のような守備力のある選手を置く、という事が必要になってきて、その状態でいかに攻撃を機能させるのかが着地点になると。

そういう意味では、「4-4-2」や「4-2-3-1」をやるにしても、岡崎を使って実質的には「4-4-1-1」にして、という事がベストになってくると思うし、やはり、そのテストはしておくべきだと強く思う。という事で、もう1試合、ハイチ戦が残っているが、やはり相手がハイチでも、最重要なのは守備面であり、攻守を分離させず、いかに良い守備から良い攻撃を作るのか、そこを高めてもらいたいと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/10/07 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】 | ホーム | これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?>>
コメント
いつも楽しく拝見しております。
少し前にポゼッションかカウンターかという話が挙がっていましたが、あれは、日本人の体躯で欧州南米の攻撃を耐えきれるのか、という考えがそれぞれの立場で違って、耐えきれないと決めつける人たちが、パスで崩していくサッカーこそ日本に合っている、と言い、一方でちゃんと個の力があれば日本人でも守れると考える人たちが、まずは守備、守備があってこその攻撃と言うのだと捉えています。
(この議論で耳にする"ポゼッション"の意味はボール保持ではなくパスで崩す攻撃だと思います。ただ繋いでるだけの状態は求められていないはず)

私の感覚としては、結局日本代表はパスでの崩しはまだまだだと思います。ミスが多くて勝てない。勝つためには守ってから攻めるしかないと思います。
そこで守備について、昨日の試合で守備力不足を露呈してしまったわけですが、では失点しないように自陣にこもって固まって守れば良かったのかというとそうではなくて、競る力、奪う力、カバーリングや判断力などの個の力を高めて守ってほしいです。ハリルもそういうことを選手に求めて、デュエルと言っているものだと信じてます。なので、昨日は個の守備力は不足してましたが、守備戦術としてはあれで良いと思います。

ただハリルは、前線の選手には攻撃を主に評価できる選手を使い、戦術上彼らにも守備をさせるだけで、守備力を評価できる選手は前線では使おうとしない(原口はあくまで攻撃メイン)ような気がします。オーストラリアとの第一線のような戦術を今後も使うかというと微妙かと。そういう理由で岡崎が使われないのかと思えており、とても残念です。

また攻めの力としてはゲームメイク能力がある選手がなかなかいないですよね。本田、小林、清武はそれがある選手だと思うので、3人のうち1人はピッチに入っていてほしいです。難しいところですが。
【2017/10/07 17:00】 URL | henchikuririn #-[ 編集] | page top↑
4-4の守備ブロックを敷いて戦術的に守備を意識させることが必要な気がします。2トップは大迫と武藤かな。
【2017/10/07 12:05】 URL | エタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3885-7b383bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |