どうやって得点力を高める? 日本の場合はやはり。
完全に「外す」ことができれば確かに得点力は上がると思う。相手の身体的な動きの逆を取ったり、あるいは、相手の意識の逆や意識外のところを取ったりして、「外す」とか「剥がす」とか。そもそもとして、DFラインの裏を取るのがなぜ攻撃の基本中の基本なのかと言えば、それは最初から自軍のゴール方向を向いて守っているDFなどいないからで、つまり、裏を取る、という事は、逆を取る、という事と同じであるから。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
但し、日本が直面している問題というのはそこではなく、外した、剥がした、裏を取った、逆を取った、と思っても、実際に、その瞬間はそうであったとしても、その次の瞬間や数秒後には、追い付かれてしまったり、足が伸びてきて引っ掛けられてしまったり、という事もそうであるし、そして、そこから互角や日本の選手の方が有利な状態での競り合いになった時に、負けてしまう、身体能力で負けてしまう、という事にある。

例えば、サイドからドリブルで中へ切り込んでシュート、というプレイにおいて、日本の選手はシュートを相手に当ててしまう、つまりは、相手にシュートブロックされてしまう場合が多いと思うのだが、なぜかと言えば、その横へのドリブルの時点で、相手をかわしきれていない、外しきれていない、剥がしきれていないから。それはスピードというよりキレの問題かもしれないが、いずれにせよ、かわしきれてない、という事。

そして、更に言えば、そこでかわしきれなかった場合には、競り合いながらでも、という事と、シュート技術で、という事が必要になってくるのだが、やはり日本の選手の場合は、そこの競り合いで負けてしまう、または、シュートモーションが大きくて、シュートモーションが大きいという事は、それだけシュートするまでに時間がかかるという事だから、その時間の間にシュートコースに入られてしまう、という事なってくる。

従って、そこを解決するためには、かわしきれるように、あるいは、競り合いで負けないようにフィジカルを上げるか、フロントではなくインサイドでのシュートの力などを上げてシュートモーションを小さくする、つまり、シュートするまでの時間を短くするか、という事が必要であり、例えばその力が最も優れているのは、C・ロナウドであり、メッシであり、ロッベンであり、という事。だから横へ移動しながらでも決まる。

要するに、確かに、パスワークやテクニックだけでも、相手の身体的な動きの逆を取ったり、あるいは、相手の意識の逆や意識外のところを取ったりして、完全に「外す」ことができれば得点力は上がると思うが、やはり、完全に「外す」ためには、スピードなどで大きな差があったら難しい。また、外せる時間が少なくなれば少なくなる程、競り合いの力が必要になるし、シュートの力が必要になる。そこの原則は変えられない。

Jリーグにおいて、何が問題なのかと言えばそこで、Jリーグでは通用する。つまり、パスワークやテクニックだけでも、相手の身体的な動きの逆を取ったり、あるいは、相手の意識の逆や意識外のところを取ったりして、完全に「外す」ことができる。更には、それができなかったとしても、競り合いで負けなかったり、シュートの力として通用する。ところが、それが海外の強豪との試合になると、通用しなくなる、という事。

従って、例えば風間サッカーとか、それはJリーグでは通用するレベルにあったとしても、それはフィジカル(身体能力)に大きな差が無い同士で戦っているから、という事は、やはり1つにはあって、そこをきちんと考慮し認識しないと、世界で勝つためには、という事を考えた場合に、間違ったベクトルへ進んでしまうと思う。パスワーク、テクニック、連携、組織、フィジカル、個の力、全てが必要であり、どれかでは無理。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2017/10/25 11:45】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<本田圭佑と香川真司の現在地。特に代表において。 | ホーム | 【 乾貴士 】 強豪相手にどう戦うのか。 【 レアル・マドリード vs エイバル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3901-7a5f900c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |