日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?
例えば、日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力は、DFラインの裏へ抜ける(あるいはDFの裏を取る)能力。そもそもとして、日本の選手たちはDFラインの裏を狙う意識が低い、という事はあるのだが、それはとりあえず置いておくとして、日本の選手たちがDFラインの裏を狙った時によく観るのは、ファースト・コントロールのところでもたついてしまう、あるいは、ミスしてしまう、というシーン。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
受け手側で、走りながらボールをコントロールする技術。8割から全速ぐらいの力で走りながらボールをコントロールする技術。それが高くないと、本当の意味での技術力の高い選手とは言えないと思う。そして、例えばショートパス主体のサッカーをやるとして、なぜ日本の選手の狭いゾーンでのワンツーの成功率が低いのかと言えば、やはり、そこに大きな原因の1つがあると思う。もちろん、カウンターの場合でもそうだと言える。

静止した状態でボールをコントロールする。速度を落とした状態でボールをコントロールする。その時の日本の選手の技術力は高いかもしれないが、しかし、その状態というのは、相手からの強いプレッシャーを受けやすくなるので、フィジカル面で劣る日本の選手であるならば尚更、やはり、ボールロストが多くなってしまう。あるいは、そこからの動き直し、という要素でも、やはり静止した状態からだと初動が遅くなってしまう。

広い局面であれ狭い局面であれ、やはり攻撃の基本はDFラインの裏へ抜ける(あるいはDFの裏を取る)、という事であり、最近は、そのためにはフィジカル(総合的な身体能力)をもっと上げる努力をするべきだ、という事を書く事が多かったが、オフ・ザ・ボールの動きや意識でもなく、技術的な部分について言えば、受け手側が、走りながらボールをコントロールする技術をもっと高める、という事が必要になってくると思う。

例えば岡崎ならば、スピードは無いが、動き出しの良さや速さ、という事があるので、あれだけ得点を取れるのだと思うが、そこに走りながらボールをコントロールする技術力の高さが加われば、更にもっと得点を取れるようになると思う。それから、例えば本田ならば、スピードが無いと言われているが、トップスピードの状態ならばそれほど遅くは感じなくて、実はやはり走りながらボールをコントロールする技術力の問題だと思う。

そういう意味では、なぜ日本の選手たちはDFラインの裏を狙う意識が低いのか? その根本的な原因の1つにあるのは、走りながらボールをコントロールする技術力が低いから、であると思う。またそれは、なぜ日本の選手たちはシュートの意識が低いのか? という事についても同じ。要するに、技術力に自信が無いプレイはしたくない、という事。やはり、そういう部分の技術力、個の力を高めないと、日本は上に行けないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2017/11/03 11:45】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは? | ホーム | 支持率の多かった選手たちで「4-1-4-1」と「4-4-2(4-4-1-1)」と「3-5-2(5-3-2)」を考える。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3908-f8dd2d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |