日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは?
そしてもう1つが、自分でスペースを作り出す動き。シュートをするためには、シュートをするためのスペースが必要。ワンタッチで合わせるにしても、シュートするために必要なスペースはより小さくても済むようにはなるが、それでもやはりスペースは必要。ところが、日本の選手というのは、そのスペースを自ら消してしまったり、あるいは、スペースを作る動きを事前にしないでシュートを打つので決定力が上がらない。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
例えば香川ならば、PA内に入ってから足元でボールを受けてシュートをする、というプレイに自信があるからだと思うが、PA内に入るタイミングが早過ぎるシーンが多く見られ、それによりシュートチャンスを失ったり、シュートの決定力を下げていると個人的には感じられる。つまり、PA内に入るタイミングが早過ぎる=PA内に入り込み過ぎる事により、自らシュートを打つスペースを消してしまっている、という事。

その状態でシュートを打ったり決めるためには、香川へのラストパスが少しでも弱かったり強かったりズレたら難しくなるし、しっかりラストパスが香川の足元へ入ったとしても、その静止した状態からシュートを決めるには高い技術力とシュートモーションの速さが必要で、技術面については香川は自信を持っているのだと思うが、シュートをしたり決めたりする難易度を自ら上げていると思うし、そうする必要性も感じない。

そうするよりも、PA内のそこのスペースでラストパスを受けられる、と思ったら、あえて早いタイミングでそこに入り込まず、つまり、そこのスペースを空けておいて、ラストパスが来るタイミングに合わせてそこのスペースへ走り込んだ方が、よりシュートを打てる確率も上がるし、シュートを打ったり決めたりするために必要な技術力やシュートモーションの速さの難易度も下がる。少しパスがズレても対応しやすくなる。

例えば、少し違うが似てる事で言えば、長友にはオーバーラップする(高い位置へ上がる)タイミングが早過ぎる、という時があって、そうすると、スピードを落としたり静止した状態でパスを受ける事になり、その状態からだと、そこから突破したりクロスを入れたりするのが難しくなってしまうし、更には、その事により、味方のウイングやSHが縦へ仕掛けるためのスペースを長友が潰してしまう、という問題も発生する。

つまりは、香川や長友だけではないが、そういう動きというのが、日本代表にありがちな、縦へのスピードが落ちてしまう、攻撃が最終的な局面の所で詰まってしまう、更には、そこからカウンターを受けた時の守備対応力が落ちてしまう、という現象を引き起こす原因の1つになっている。ここはとても重要なところで、テクニックやフィジカルではない要素で言えば、そこの個の力を改善すれば、日本は更に良くなると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2017/11/04 11:45】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。 | ホーム | 日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3909-268a5311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |