中国戦 【 勝利という結果を出す事でチームも選手も成長する。 】
試合 :EAFF E-1サッカー選手権 第2戦
開催日:2017年12月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:小林悠 昌子源 ユー・ダーバオ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          小林悠
MF  土居聖真 倉田秋   大島僚太 伊東純也
MF          今野泰幸
DF  山本脩斗 昌子源   三浦弦太 植田直通
GK          東口順昭

FW          川又堅碁
MF  阿部浩之 井手口陽介 倉田秋  小林悠
MF          今野泰幸
DF  山本脩斗 昌子源   三浦弦太 植田直通
GK          東口順昭


ある意味では、こういう戦い方、勝ち方というのが、ハリルホジッチのサッカーの持ち味かなと。例えば、今までだったら、相手に高さという武器があった場合、それでも日本は高さのあまりないDFを使い、ラインコントロールとか、とにかく出し手のところを止めるとか、なんとかそれで対応しようとする事が多かったと思うのだが、そうではなく、CBは当然として、SBにも山本や植田という高さに強い選手を使い、ある意味では逃げない対応をする。やはり日本にも、高さで勝負できる選手は存在しているので。

そして、縦へ縦へと、裏へ裏へと、時には縦へ急ぎすると感じるかもしれないし、裏を狙った攻撃が失敗を繰り返すかもしれないし、おそらく、そういうシンプルで泥臭いサッカーをあまり見慣れていない人が日本には多いのではないかと思うので、そういうサッカーは見栄えが悪く感じるかもしれないし、特に今回のチームは連携力に期待できない急造なので、より見栄えが悪くなってしまうのだが、とにかくそれでも最後、試合が終わった時に勝っていれば良い。それがハリルホジッチのサッカーの特性の1つかなと。

また結局、そういうサッカーでも、個の質が高ければ、もう少し連携力が高ければ、きちんと見栄えのする戦い方になってくる。例えば、ボールを奪ってからの最初のパスの質、一本のロングパスの質、クロスの質、また、それを受ける側のトラップや動き出しや決定力という質、ドリブルで突破したりボールを前に運ぶ質、更には、FWのファースト・ディフェンスの質、MFやDFの守備力の質、GKのパフォーマンスの質。そういう個の部分の質が高ければ、そして、もう少し連携力が高ければ、見栄えは良くなる。

もちろん、これが最高のサッカー、これが理想的なサッカー、というわけではない。但し、欧州の主要リーグだったとしても、中位から下位の実力のチームだったり、または、カテゴリーが1つ下のリーグで戦うチームというのは、やはり、ハリルホジッチのサッカーのような、シンプルで泥臭いサッカーを、まずはしているところの方が多い。そして、世界の中での日本代表の立ち位置を考えれば、リーグで言えばそういうチームに該当するのであるから、まずのプライオリティは見栄えの良さよりも勝てれば良いはず。

それから、今回のチームというのは、当然、そのままW杯で戦うチームではない。確実視される選手は井手口と昌子ぐらいしかいない。また、相手も若手主体だったり、W杯には出場できなかったチームだったりするのでそうであるが、日本も欧州組や浦和レッズの選手たち抜きで戦っているので、更には、代表経験の少ない選手たちで戦っているので、全体的な質が見劣りする試合になるのは仕方がない。従って、そういう前提を持って観るなり評価しなければ間違ってしまうと思うし、正しさが失われてしまうと思う。

そして、そういう前提がある状況で、誰が可能性を見せているのか。北朝鮮戦では中村が活躍したが、今回の試合の東口も1つビッグセーブを見せた。それから、川又、井手口、今野、という3人は安定した良いパフォーマンスを発揮している。小林も最前線で体を張って頑張ったり、何回かは決められなかったりしたが、1つ得点という結果は出した。スタミナ、運動量もあった。そして、植田は不慣れな右SBだったが、高さ、または、守備だけではなく、攻撃でも良さを見せていた。伊東も良かったと言えると思う。

少し残念だったのは、怪我で交代となってしまった大島、競り合いの弱さが顕著だった土居、北朝鮮戦に続いてあまり良いパフォーマンスではなかった倉田、狙われて何回も相手にチャンスを与えてしまった山本、という選手たち。という事で、北朝鮮戦と中国戦の2試合を踏まえると、最後の韓国戦は、その2戦で良かった選手たちとまだ使われていない選手たち、つまりは、川又、阿部、小林(伊東)、今野、井手口、三竿、初瀬、昌子、植田(CB起用)、権田、そして、車屋か室屋か谷口、という事で良いかなと。

見栄えはともかく、2連勝。更には、優勝もすれば、それはきちんとした結果にもなるし自信にもなる。そして、そこで活躍した選手たちが3月にも招集されれば、競争力も勢いも増すはず。そういう意味では、最後の韓国戦は引き分けでも優勝できる有利な状況にもなっているので、しっかりとタイトルを取って終わってもらいたい。優勝できる有利な状況で戦う、というプレッシャーを感じながら、それにも打ち勝って勝利もしくは引き分けで試合を終わらせられるのか。そこも個の力であり、試される要素でもある。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2017/12/13 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<浦和レッズは第5位。守備力と決定力と初戦の戦い方が重要。 | ホーム | 浦和レッズがアル・ジャジーラに勝てなかった原因は?>>
コメント
植田はSBで代表デビューでしたが良かったですね。次はCBでも見たいですが、SBも出来るというのは代表選出の武器になったと思います。
【2017/12/13 12:25】 URL | エタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3949-deb33419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |