韓国戦 【 4失点完敗の大失態。その結果の主な原因は2つ。 】
試合 :EAFF E-1サッカー選手権 第3戦
開催日:2017年12月16日
結果 :韓国代表勝利
スコア:「1-4」
得点者:小林悠(PK) キム・シヌク チョン・ウヨン キム・シヌク ヨム・ギフン




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          小林悠
MF  土居聖真 倉田秋  井手口陽介 伊東純也
MF          今野泰幸
DF 車屋紳太郎 昌子源   三浦弦太 植田直通
GK          中村航輔

FW          川又堅碁
MF  土居聖真    小林悠     阿部浩之
MF       三竿健斗  今野泰幸
DF 車屋紳太郎 昌子源   三浦弦太 植田直通
GK          中村航輔


やってしまったな、という事で、北朝鮮戦と中国戦で勝利し、少し評価を高めていた国内組の選手たちではあったが、これで台無しにしてしまったかなと。実際のところ、北朝鮮戦も大惨事になりかねない試合ではあったのだが、それがこの韓国戦で出てしまったかなと思う。そして、その原因の1つというのは、北朝鮮戦もそうだったように、出足の速さで明らかに負けていた、という事。まずは、とにかくそこが顕著だったと思う。

パスを繋ぐサッカーにも取り組んでいる韓国だが、この試合では、韓国が昔から得意としてきたサッカー、長身FWのキム・シヌクに放り込み、そのセカンドボールを拾って、というキック&ラッシュのサッカー。中国や北朝鮮よりも、そういう戦い方に洗練されている、個の力としても高い、そういう韓国に対し、完全にやられてしまった。やはり、スタイル云々よりも、日本のサッカーというのは、そこを克服しないとダメかなと。

そして、原因の2つには、優勝の可能性がある、しかも、その可能性に有利な状況で戦える、という部分で、試合の入りは良かったのだが、早々に先制点を奪い、という展開になった時に、普通の精神状態で戦えなくなってしまった。守備の設定位置を下げた事については悪かったとは思わない。引き分けでも優勝できる状況で1点をリードしたのであるから、それはセオリーだと言える。しかし、その時に、ギアも下げてはいけない。

ギアも下げてしまったら、インテンシティも下げてしまったら、いくら守備的になっても守れるはずがない。対応が完全に受動的になってしまったら、後手、後手、になってしまったら、当然、守れるはずがない。そして、ボールホルダーには必ずプレスをかける、その動きに全体が必ず素早く連動する、という基本をやれなかったら、やはり、良い守備対応ができるはずがない。いつもならできるんだけどな・・・、では通用しない。

初戦、引き分けや勝利で優勝できる試合、そういう難しくなる試合で、その難しさを打ち破って良い結果を出せるのかどうか、その力がないと、やはりW杯のような舞台では通用しない。使えない。そこが試された試合だったと思うのだが、スコア「1-4」、内容的にも結果的にも、大きな落第点だった。唯一、4失点ではあったが、GKの中村だけが北朝鮮に引き続き良いパフォーマンスを見せ、アピールに成功できたかなと思う。

車屋は守備面で大きな赤点。昌子も黄色信号になったかなと。そして、中国戦では右SBでも良いパフォーマンスを見せた植田だが、この試合ではやはり厳しい感じだった。今野も大きく評価を下げてしまったと思う。更には、土居と倉田も、優秀な2列目が揃う海外組の選手たちを差し置いてまで、というアピールには全くならなかった。しかし、川又と小林と伊東については、3月にも追試を、という可能性だけは示せたのかなと。

三浦については、吉田のパートナーとしては槙野が一歩リードしているが、昌子のパフォーマンスがあまり良くなかった、植田はCBとして使われなかった、という事を考えると、まだ可能性はあると思う。しかし、合格点のパフォーマンスを見せられた、という事ではないので、厳しい立場にはあると思う。ちなみに、阿部と三竿はもう少し長く見たかった、権田と初瀬も見たかった、という部分についても、やはり強く残念だった。

という事で、日本は3戦2勝1敗。準優勝ではあったが、優勝できなかった、そして、最後の韓国戦で4失点の完敗、という大失態を見せてしまい、ややハリルジャパンへの逆風が強くなるのは、やはり仕方がないのかなと。但し、国内組と海外組に実力的な差がある、経験的にも実績的にも差がある、というのは判っていた事なので、個人的には、やはりそうだったか、という事以外には特に無い。残り数ヶ月でそこは変えられない。

むしろ、GK中村であったり、追試の可能性としては、川又と小林と伊東だったり、4人ぐらいはハリルジャパンの競争力をアップさせる事ができそうな選手が見つかったので、それでプラスがあった、と考えた方が良いと思う。そして、そういう選手たちが、この大会で更なる成長の糧を得られたのかどうか、あるいは、主力と考えられる選手たちの中へ入った時に、きちんと調和できるのかどうか、そこが重要になってくると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2017/12/17 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<韓国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。井手口陽介。今野泰幸。川又堅碁。 】 | ホーム | 北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】>>
コメント
>GK中村であったり、追試の可能性としては、川又と小林と伊東だったり

全く同意見です。あと阿部選手をもっと見たかったかなと。良いアクセントになりそうな気配が在った様に感じたので。

>早々に先制点を奪い、という展開になった時に、普通の精神状態で戦えなくなってしまった。

過去のワールドカップでも見たような展開でしたね。日本の長年の問題だと思います。いつまでこの問題をほったらかしておくのかなと。
よくこういった時に「ピッチ上の選手が判断して~」の様な話が出ますが、これも長年ずっと出来ていない。もしかしたら日本人の国民性なのかもしれないと思ったりします。

日本人の国民性。ならばいっそ日本はマニュアルサッカーにすべきではないかと。相手が強い時、弱い時はこうする。点を早め、遅めに取った時はこうするなどの基本シュチュエーションごとに。いやあるいはもっと細かく決めごとを作ってサッカーをすべきかもしれません。
相手に読まれやすくなると批判されるでしょうが、今回の様に90分間を無為にだらだら過ごすよりはずっとましだと思います。

そしてその中で久保竜彦、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、本田圭佑、香川真司等の日本の中でも特異な能力を持つ選手が、マニュアルサッカーの中で変化を与えて行ければ良い様に感じます。それが日本サッカーになるのではないかなと。
【2017/12/17 22:31】 URL | #-[ 編集] | page top↑
ラインを下げたときに、引いて待ちかまえているだけで、持ち場に侵入してきた敵を潰す、ボールを奪い取る、といったことができていなかったことがすべてかと思います。
できていなかった理由を検証して、将来へつなげるしかない敗戦でしたでしょうか。(個人的には育成の問題とみています)

ひとつだけエクスキューズになるのは、植田選手の右サイドバック配置でしたでしょうか。あまりにも適正がなさすぎたように見えました。(私は韓国戦しかみていないですが)
【2017/12/17 12:56】 URL | M.MARS #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3954-5556057f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |