森保ジャパンの選手たちに伸ばしてもらいたい個の力。
個人的には、特にアンダーカテゴリーのサッカーにおいては、複雑であったり高度であったり、または、ある1つのやり方に偏重するような戦い方というのは推奨しない。むしろ、特にアンダーカテゴリーのサッカーにおいては、よりシンプルな戦い方をしながら、個の力を伸ばす、セオリーをきちんと身に付ける、という事により重点を置いてもらいたい。従って、森保ジャパンの選手たちに現時点で求めたいのは以下に書く通り。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
まず求めて欲しいのは、守備の時のタイトさ、1対1の強さ。もちろん、アタック&カバーであったり、システムとしての守り方であったり、そういう連携や組織性も重要なのだが、それも前提としての個の守備力の高さが存在しないと成立しない。特に「5-4-1」で「5-4」による守備ブロックを作る森保監督のサッカーの場合は、人数の多さが個の緩みを生む場合があるので、そこはより厳しく要求する必要があると思う。

それから、「5-4-1」という形を「3-4-2-1」、更には、「3-4-3」というアグレッシブな形へと近づけるためには、運動量、ポリバレント性、という2つの要素が必要になってくる。守備の設定位置を1つ上げるためには、前線や中盤のプレスによるディフェンスの力の向上が必要で、やはり、その原動力の1つとなるのは運動量。特に、出足、という部分で相手に上回られないように、という事が重要だと言える。

また、運動量、という事で言えば、ロングランニング、という事も1つのキーワード。守備的に戦ってきたパレスチナとタイには苦戦したが、個のテクニックや連携力、というもの以外で足りなかった要素は、ロングランニング、という事だったと思う。特には、ウイングバックとボランチで、前の3枚へとボールが入った時に、ウイングバックとボランチがロングランニングでゴール前へ、という事が要素として欠けていたと思う。

そして、ポリバレント性、というのは、複数のポジションをこなせる、という事よりも、入れ替わる事ができる、という事であるが、特に、CBとウイングバック、シャドウとウイングバック、更に言えば、CBとボランチ、そこが縦関係の中で入れ替わる、という事が攻撃においては有効で、森保監督のサッカーではCBの攻撃参加が1つの重要な要素だと思うが、要するにそれは、縦関係でのポジションの入れ替わり、という事。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/01/18 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 香川真司 】 低い位置からのロングパスが鍵。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】 | ホーム | 北朝鮮戦(Uー21) 【 今回の失点の形に対する解決策が必要だと思う。 】>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/01/18 11:47】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3975-fa83f8a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |