ウズベキスタン戦(Uー21) 【 もう少しシンプルでリスクを減らしたサッカーを。 】
試合 :AFC Uー23選手権 トーナメントステージ 準々決勝
開催日:2018年1月19日
結果 :ウズベキスタン代表勝利
スコア:「0-4」
得点者:シディコフ ハムダモフ ヤフシボエフ ヤフシボエフ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           田川亨介
MF   岩崎悠人            高木彰人
MF        井上潮音  神谷優太
DF 遠藤渓太 古賀太陽 立田悠悟 原輝綺  藤谷壮
GK           小島亨介

FW           田川亨介
MF   旗手怜央            三好康児
MF        伊藤洋輝  神谷優太
DF 遠藤渓太 古賀太陽 立田悠悟 原輝綺  藤谷壮
GK           小島亨介


低い位置でのボールロストから、とか、1対1のところでの守備の軽さから、とか、グループ・ステージの3試合を観てきていれば、ある程度は誰にでも予想できたパターンからの失点だったので、もし今回の無得点4失点の惨敗を「まさか」と森保監督が感じていたとしたら、それは少し問題であるかなと。低い位置から丁寧に繋ぐサッカーは、当然、低い位置でボールを奪われる、というリスクの高さがあるし、どの年代であろうと日本のサッカーの守備力の低さは、個の守備力の低さ、個のミス、という事に大きく起因しているので、そこを認識していないとしたら、やはり、少し問題があるかなと。

日本がどのようなサッカーをしてくるのか、日本の弱点はどこにあるのか、という事は、当然、相手も分析してくるので、今の森保ジャパンのサッカーだと、低い位置から丁寧にボールを繋ごうとするポゼッション・サッカーをしてくるし、そこでのポゼッションの力も高くない、「5-4-1」で守備に人数はかけているが、個々の守備力は高くない、という事になれば、当然、そこに圧力をかければ高い位置でボールを奪える可能性が高い、そして、そこから得点を奪える可能性も高い、であろうという事は分析するに容易だったので、やはり、今回の試合の結果や内容は「まさか」ではなかったはず。

もちろんとして、低い位置から丁寧にボールを繋ごうとするポゼッション・サッカーが悪い、と言っているわけではない。しかしながら、現在は、そういうサッカーへの対応策が確立し、かなり浸透している状況なので、特にそういうサッカーをするにおいての個の力の優位性を持たないチームの場合は、こういう結果や内容の試合になってしまう可能性が高いと言わざるを得ない。もちろんとして、今大会の場合には、相手がUー23の選手たち中心だったのに対し日本はUー21だった、日本には、この年代のトップクラスだと思われる選手たちが4人から6人ぐらい欠けていた、という事は当然ある。

しかし、同年代ではあっても、五輪ではもっと強い相手と戦う事になると思うから、やはり、少し根本的な見直しが必要であると思う。つまり、ベースは、低い位置から丁寧にボールを繋ごうとするポゼッション・サッカーであったとしても、もう少しシンプルでリスクを減らしたサッカー、というものにマイナーチェンジする必要があると思う。以前にも書いたように、個人的には、特にアンダーカテゴリーのサッカーにおいては、複雑であったり高度であったり、もしくは、ある1つのやり方に偏重するような戦い方というのは推奨しない。よりシンプルに個の力を伸ばせるサッカーをしてもらいたい。

やはり、大前提として、どのようなシステムやスタイルの戦い方をするにしても、そこには個の力というベースが必要であり、むしろ、個の力というベースが戦えるレベルにまで到達してから、それに適したシステムやスタイルは何であるのか、とアプローチする方が良いと思う。もちろん、まずは雛形として、森保監督のサッカーをする事については全く問題無いと思うが、重要であるのは、そこからきちんと修正を加えていく、監督も選手もチームもそうしていく、という事であると思う。そして、もっと「戦える」チームや選手たちになる、する、という事が、残された時間でやるべき事であると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/01/20 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 柴崎岳 】 打開力やキープ力やミドルシュート。 【 ヘタフェ vs ビルバオ 】 | ホーム | 【 香川真司 】 低い位置からのロングパスが鍵。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】>>
コメント
同意です。
おっしゃる通りです。
解説者がしきりに「こういう苦しいときこそ、連携を!」
と言ってましたが、
こうまで個で勝ててないのに、連携技も効くわけないだろ!と年甲斐もなくテレビの前で叫んでしまいました。
よく「ニワトリが先か卵が先か?」のごとく、「組織か個か?」と議論が出ますが、
どんな選手でもボールを持ったら一人なんだから、どう考えてもまず個だろ!と思うのですがね。

ただ難しいのは個を鍛えるというのは、選手個人の向上心にかかってる部分が大きいので指導者が教えられるものじゃないと言うことですね。
日本人は体格が小さいから、組織プレイだというのは間違いで、むしろ逆で体格が小さいからこそ個の修練が必要だと思うんですけどね。

【2018/01/23 14:10】 URL | えいちゃん #CofySn7Q[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3977-c3c6c13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |