【 乾貴士 】この試合に関しては交代も仕方なかったかなと。 【 エイバル vs マラガ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第20節
開催日:2018年1月22日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:エン・ネシリ キケ・G




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW キケ・G シャルレス
MF 乾貴士 ダニ・G ジョルダン アレホ
DF アンヘル アルビージャ オリヴェイラ カパ
GK ドゥミトロヴィッチ

FW キケ・G シャルレス
MF ベベ ダニ・G ジョルダン オレジャナ
DF アンヘル ラミス アルビージャ カパ
GK ドゥミトロヴィッチ


最下位のマラガとの対戦だったのだが、エイバルは先制点を奪われてしまう。マラガの今までの状態はわからないのだが、どうやら監督が交代となり、守備をしっかりと整備してきたようで、特に前半のマラガの守備は良かった。更には、エイバルが得意としていない、ボールを持たされる展開になったので、それで苦しんだとも言える。やはり、エイバルというチームは、堅守+ハイプレス+カウンターを得意としているチームなので。

しかし、後半28分、乾との交代でべべが入ると、後半31分、そのべべからのクロスをキケ・Gが決めてエイバルが同点に追い付く。そして、同点に追い付いた事で勢いに乗ったエイバルが、試合の終盤は猛攻を見せたのだが、残念ながら逆転ゴールは奪えず、そのまま試合はスコア「1-1」の引き分け、という結果に終わった。もちろん、勝ちたかったところだが、連勝が止まった後だったので、引き分けにできて良かったと思う。

A・マドリード戦で連勝が止まる事は、誰にでも予想できる事で、問題は、その後にズルズルと負けない、という事だったと思うのだが、やはり、気持ち的に切れてしまうのではないか、という心配があり、実際のところどうだったのかは微妙な感じだったが、試合の流れとしては良くない感じだった。しかし、後半、交代をきっかけにギア・アップできたので、勝てそうな感じにまではなったと言えるので、とりあえず良かったと思う。

乾については、いつもより体が重かったような気もしたが、しっかりと縦も横も塞がれて、ドリブルで仕掛けられずにボールを戻す、というプレイが多かったので、この試合に関しては、交代も仕方なかったかなと。右サイドのアレホも同じような感じで、思うようなプレイができていなかったので、おそらく、その2人への対策が練られていたのだと思う。乾とアレホによる個の突破が無いと、エイバルの攻撃力は半減してしまうので。

そういう意味では、そういう状態だった乾とアレホとの交代でべべとオレジャナを入れた、それによって相手の守備対応が悪くなった、だから同点にも追い付けたし、終盤には猛攻も見せられた、という事も言えると思う。但し、警戒されてしまうと思うようなパフォーマンスが発揮できなくなる、というのは乾に昔からある大きな課題で、もう1つ上のレベルの選手になるためには、やはり、その課題をクリアする必要があると言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/01/24 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<森保ジャパンに求めたい個の力を伸ばすための戦い方。 | ホーム | 【 大迫勇也 】 ここからギアを上げる必要があると思う。 【 ハンブルガー vs ケルン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3981-37fb15f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |