【 乾貴士 】5得点の大勝。しかし乾には一回休みが必要だと思う。 【 エイバル vs セビージャ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第22節
開催日:2018年2月3日
結果 :エイバル勝利
スコア:「5-1」
得点者:キケ・G オレジャナ サラビア(PK) ラミス オレジャナ アルビージャ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW キケ・G シャルレス
MF 乾貴士 ダニ・G ディオプ オレジャナ
DF アンヘル アルビージャ ラミス ペーニャ
GK ドゥミトロヴィッチ

FW キケ・G ジョルダン
MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ カパ
DF アンヘル アルビージャ ラミス ペーニャ
GK ドゥミトロヴィッチ


エイバルがセビージャ相手にスコア「5-1」で勝利する驚きの結果。試合開始直後の前半1分にエイバルが先制点を奪い、これでセビージャの出鼻を挫いたエイバルが前半17分にも2点目。そして、前半21分にPKでセビージャが1点を返し、その後に2つぐらいのピンチを防いだので、ここからはセビージャが逆転する展開になるのかなと思ったのだが、前半32分、CKからラミスが得点を決め、エイバルが3点目。

更には、後半16分、DFのパスミスを奪ったオレジャナが、後半38分、アルビージャが直接FKで、という事で、試合が終わってみればスコア「5-1」、なんとエイバルの大勝だった。まずは、セビージャどうしたんだ? という感じだったのだが、サイドの守備もダメ、中央の守備もダメ、セットプレイの守備もダメ、という散々な守備だった。前の2試合ではサイドを封じられて苦しんだエイバルの攻撃から5失点。

個々の選手のパフォーマンスの悪さも然りだが、後半になっても守備の修正が見られないなど、モンテッラ監督は大丈夫か? というような試合内容だった。特に、前の2試合ではサイドを封じられ、それでエイバルの攻撃が苦しくなっていたのは明白だったので、そういう守備対策をしてこなかった事は、監督としてどうなのかなと思う。セビージャは前の2試合でもヘタフェとレガネスに引き分けており、悪い状態だなと。

一方のエイバルについては、何が良かったのか、というよりも、相手のパフォーマンスが悪すぎた、という感じだったが、新戦力であるオレジャナとディオプを使い、既に移籍する事が決まっているカパの右SBにペーニャを使い、という試合で、セビージャ相手に大勝できた、という結果が、やはり大きな自信になるかなと。2試合後にはバルセロナ戦があり、今季は最大の強敵であるが、そこへの弾みがつけられたと思う。

しかし、乾については、2点目には絡んだとも言えるが、パフォーマンス的には良くもなく悪くもなく、というような感じだったので、次の1試合は、監督判断で休ませた方が良いのかなと。守備面のパフォーマンスは安定して良かったと思うし、そういう意味でも、主力落ちは考えられないが、アンヘルとダニ・Gは1試合休ませたので、乾もそうした方が、バルセロナ戦での良いパフォーマンスに、より期待できると思う。

また、そうする意味というのは、疲労の回復、という事だけではなく、気持ちを一度リセットする、一回外から見てみて新たなプレイのアイデアを考える、という要素も有り、長いシーズンにおいては、そういう事をするのも重要だと言える。良くなっていたアンヘルとの連携が、この試合ではまた少し悪くなっていたり、ドリブル突破の成功率が下がっていたりするので、そこを再び良くするために、という事が必要かなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/02/04 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 やはり、そろそろ得点やアシストという結果も欲しいところ。 【 レスター vs スウォンジー 】 | ホーム | 岡崎慎司と柴崎岳が現状を変えるには?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3988-b43842d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |