【 香川真司 】 前半はボランチでプレイ。軽症である事を強く願いたい。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】
試合 :ブンデスリーガ 第22節
開催日:2018年2月10日
結果 :ドルトムント勝利
スコア:「2-0」
得点者:バチュアイ ゲッツェ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW バチュアイ ロイス
MF シュールレ 香川真司 ヴァイグル プリシッチ
DF トルヤン トプラク ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ

FW バチュアイ
MF シュールレ 香川真司 ロイス プリシッチ
MF ヴァイグル
DF トルヤン トプラク ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ

FW バチュアイ
MF シュールレ ダウド カストロ ゲッツェ
MF ヴァイグル
DF トルヤン トプラク ソクラティス ピシュチェク
GK ビュルキ


ロイスが怪我から復帰し、その前に怪我から復帰していたシュールレも前節は得点を取ったし、新戦力のバチュアイもそうなので、その結果として、香川をダブルボランチの1枚に起用した「4-4-2」、という選択になったのかなと思う。プリシッチを起用せず、シュールレもしくはロイスを右サイドで、という選択肢もあったとは思うが、結果的にプリシッチはアシストしたので、悪くない選択だったのではないだろうか。

但し、先制点を奪ったのは後半4分だったが、後半からのドルトムントは「4-1-2-3」へ変更していたので、全体としても香川としても、やはり「4-4-2」は使い慣れていないので、という要素はあったと思う。そこが難しいところだなと。そして、後半17分、香川が負傷してしまい、そのままダウドと交代になってしまったのだが、W杯も控えているし、軽症である事を強く願いたい。やや負傷の仕方が心配だが。

後半26分にドルトムントはロイスとの交代でゲッツェを投入。それから、後半40分にはプリシッチとの交代でカストロを投入。その時に、ゲッツェは「4-1-2-3」の「2」の右から3トップの右へと移動したのだが、その采配が功を奏し、後半47分、シュールレのアシストでゲッツェが得点を決め、スコア「2-0」でドルトムントが勝利を収めた。しかし、香川の負傷があったので、日本人としては複雑なところ。

調子が良い時に怪我しやすい、前回の肩を負傷した時もそうだったと思うのだが、今回は接触プレイが無い状態で、だったので、そこがとても心配なところ。ただ、怪我の具合がどうであれ、3月に召集されなかったら厳しい、という事でもないので、無理をせず、しっかりと完治してから復帰してもらいたい。フィジカル・コンディションが良く、トップ・パフォーマンスであれば、間違いなく香川はW杯へ行けると思うので。

ちなみに、香川の「4-4-2」、ダブルボランチでのボランチとしてのパフォーマンスについては、やはり、やや難しかったかなと。当然、守備のタスクが増え、低い位置で守備をしなければならない場面も多くなるし、守備が多くなるにしても、前へ前へ、という守備ならば、というのが香川なので。しかし、日本代表でも、香川がボランチで起用できれば「4-4-2」がやりやすくなる、という事は、やはりあるかなと。

それから、この試合では、ハンブルガーの酒井高徳もスタメンで、そして、右SBでフル出場だったのだが、攻守において、個としてのパフォーマンスは思ったよりも良かったと思う。日本代表では、現在はSBの3番手、という感じになっているが、やはり、しっかりとロシアW杯へ向けて、パフォーマンスを上げておいてもらいたい。酒井宏樹が好調で、インテルを離れた長友も悪くない状態だが、まだ波はあると思うので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/02/13 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柴崎の適性ポジションや役割。守備的な戦術とサイド。 | ホーム | 【 柴崎岳 】 中央よりもサイドの方が良いプレイができている。 【 バルセロナ vs ヘタフェ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3997-8fbb9b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |