「4-4-2」における「3」によるユニットの考え方。
例えば「4-4-2」であれば、2枚のFW、2枚のSH、2枚のボランチ、2枚のSB、2枚のCB、というように、表面的には「2」で作られているように見える。または、4枚のDF、4枚のMF、2枚のFW、というように、表面的には「4」と「4」と「2」の3つのユニットで作られているように見える。しかし、本当のところは、それを機能させるためには、やはり「3」という人数のユニットで考える必要がある。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
例えば4枚のDF。1枚のSBが攻撃的ならば、もう1枚のSBは守備的にする。2枚のSBが守備的であれば、それは「SB+CB+SB」のユニットに、もう1枚が足されていると考える。2枚のSBが攻撃的ならば、1枚のボランチが参加し、最終ラインに「CB+CB+ボランチの1枚」というユニットを作る。それは、中央、右、左、というゴール前の3つのゾーンを守るためと、3枚の方がビルドアップしやすいから。

それから、「4-4-2」であれば、CBの2枚+ボランチの2枚=計4枚でボックスを作り、それで中央のゾーンを守る事になるが、それも基本的には「2枚のCB+1枚のボランチ」もしくは「1枚のCB+2枚のボランチ」というユニットで守る。そして、その時に余っている1枚のCBやボランチは、そのユニットのカバーリングと他ユニットへボールを繋げるリンクマンの役割を担う。例えば長谷部がその役割に優れる。

次には、例えば4枚のMFと2枚のFW。これは「4」と「2」のユニットではなく、「2枚のFWと1枚のSH」、「2枚のボランチと1枚のSH」、という「3」と「3」のユニットであると考える。ちなみに、2枚のFWが縦関係である時、「1枚のFWと2枚のSH」、「2枚のボランチと1枚のFW」、というユニットになる場合もあるが、その場合は「4-2-3-1」または「4-2-1-3」の方であると考える。

従って、「4-4-2」におけるSHというのは、どちらか1枚は攻撃的でFWの方のユニットであり、どちらか1枚は守備的でボランチの方のユニットであり、また、そうである事が機能性の鍵。ちなみに、2枚のSHがウイング的にプレイする形もあるが、そちらは「4-1-3-2」または「4-1-1-4」であり、しかしその場合でも、やはり、どちらかのSH(ウイング)が「1-1」の方のユニットであると考える。

そして、サイドでのユニット、という事については、「4-4-2」であると、左に5枚、右に5枚、という形になっているが、どの3枚によるユニットになるのかはフレキシブルであり、しかし、その3枚がきちんと役割分担している事が重要であり、尚且つ、5枚から3枚のユニットを作るにおいて、それから外れた残りの2枚も重要であると言える。つまりは、バランスを崩さない、という事。そうしないと機能性は落ちる。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/02/24 11:50】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】2つの決定機を外してしまう。 【 セルタ vs エイバル 】 | ホーム | 「3」が支配するサッカーの世界。全ての基準となる「3」という数字。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4007-d00a190e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |