最近は復活傾向の「5-3-2」というシステムの特性について。
「5-3-2」というシステムの特性の1つは、そもそもとして、5バックまたは3バックのシステムというのは概ねそうであるが、ピッチを横幅に広く使ったサッカーがしやすい、という事であると言える。それは、攻撃の時も守備の時もそうであるし、ポゼッションの時であろうとカウンターの時であろうと同じ。むしろ、その特性を活かさないサッカーをするのであれば、5バックまたは3バックのシステムを使う意味は無い。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
しかし、5バックまたは3バックのシステムのもう1つの特性として、攻守のバランスが、より攻撃的に偏りやすい、あるいはその逆に、より守備的に偏りやすい、という事もあって、例えば、より攻撃的に偏った場合には、サイドの後方に大きなスペースを生む、あるいはその逆に、より守備的に偏った場合には、極端な前後分断もしくは前線の枚数不足に陥る。特に問題なのは、サイドの後方に大きなスペースを生む、という事。

つまりは、その問題を起こさせないようにすると、サイドの選手の攻撃参加あるいは高い位置からの守備を自重させる、または、相手が3トップなどでサイドの高い位置に固定的に選手を配置してきた場合、こちらのサイドの選手は低い位置をキープしなければならなくなるので、そうすると、攻撃時に、ピッチを横幅に広く使ったサッカーがやり難くなったり、極端な前後分断もしくは前線の枚数不足に陥りやすくなる、という事。

そして、そうなってくると、「5-3-2」であれば、これは中盤の3枚を分ければ「5-1-2-2」となるわけだが、その前の「2-2」のところの選手たちがとても重要になってくる。特に2列目の「2」は様々なタスクをこなさなければならず、サイドボランチ的に中央の守備もこなしながら、サイドの後方のスペースのカバーだったり、FWがサイドへ流れたり落ちてくれば、その代わりとしてゴール前へ、というタスク。

もちろん、サイドの選手が上がれない状況においては、FWがサイドへ流れなければ、その2列目の「2」がサイドへ、という事も求められてくる。従って、そこの選手たちには、攻守共に能力が高い、だけではなく、豊富な運動量と速い攻守の切り替え、という身体能力の高さや意識としての献身性の高さ、という事も必要とされてきて、そこが「5-3-2」というシステムの機能性の半分を握っていると言っても過言ではない。

ちなみに、このシステムにおいて、長谷部はDFの「5」の中央だったり、MFの「3」の中央だったり、というポジションでプレイしているのだが、守備においては、その周囲にいる2枚のカバー、という事が主な役割であり、攻撃においては、ビルドアップ時の中央の中継地点と、左右のサイドに大きくボールを展開する、という事を主な役割としている。そういう意味では、ベテランでもあり、能力的にも長谷部に適している。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/02/28 12:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オランダ戦(女子) 【 恥ずかしい試合となってしまった。 】 | ホーム | 【 大迫勇也 】 2得点に絡む活躍で逆転勝利に導く。 【 ライプツィヒ vs ケルン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4011-fe82c967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |