【 柴崎岳 】 次節のレアル・マドリード戦できっかけを掴めるのかどうか。 【 ヘタフェ vs デポルティーボ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第26節
開催日:2018年2月28日
結果 :ヘタフェ勝利
スコア:「3-0」
得点者:アンヘル オウンゴール モリーナ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ヘタフェ 】

FW アンヘル モリーナ
MF アマト モラ アラムバリ ポルティージョ
DF アントゥネス ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK マルティネス

FW アンヘル レミー
MF メルヴェイユ 柴崎岳 アラムバリ ポルティージョ
DF アントゥネス ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK マルティネス


前半で2得点を奪い、後半も最終的には3点目を決め、スコア「3-0」と快勝だったヘタフェ。そして、柴崎は後半19分からボランチとして途中出場したのだが、モリーナ、アンヘル、アマト、ポルティージョ、そこの4人の形は試合を重ねるごとに良くなっているので、そうなってくると、柴崎がスタメンとして狙えるポジションはボランチになってくるのかなと思うが、現時点では、どこのポジションでも控えになるのかなと。

例えば、最初の頃は、ポルティージョからのDFラインの裏への良いパスというのは見られなかったのだが、最近は見られるようになってきたし、アマトについても、サイドを縦に、という一辺倒だったのだが、最近はトップ下的な位置でも良いプレイをしたり、中央から縦やダイアゴナルに良い抜け出しを見せたり、という感じに、連携としても個のプレイとしても向上してきていて、柴崎としては出遅れてしまった感じが否めない。

そして、モリーナは最初から軸で、アンヘルと柴崎は、得点重視か手堅さ重視か、という選択の中にあったのだが、最近はアンヘルでも安定しているので、という流れになっている。仕事熱心だが、特に攻撃については、残念ながら効果的な存在であるとは言えない、というのが柴崎の現状で、そこを打破できる可能性が、やや薄くなってきているような感じがする。この試合ではボランチだったが、やはり印象的には変わらなかった。

但し、次節のレアル・マドリード戦は、アマトが累積警告で出場停止になるので、そこで活躍できれば、という可能性はあると思う。おそらく、左SHとしては、レミーではなく柴崎が選択されると思うし、メルヴェイユの可能性もあるが、レアル・マドリード戦と言えば、柴崎には実績があるから、スタメンである可能性は大きくあると思う。そして、そこで良いプレイを見せ、それがきっかけになれば、という事を期待したいなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/02 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アイスランド戦(女子) 【 もっともっと危機感を持ってもらいたい。 】 | ホーム | オランダ戦(女子) 【 恥ずかしい試合となってしまった。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4013-fd216bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |