【 乾貴士 】ポジション争いの激化で更なるレベルアップを。 【 エイバル vs ビジャレアル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第26節
開催日:2018年2月28日
結果 :エイバル勝利
スコア:「1-0」
得点者:キケ・G




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW キケ・G シャルレス
MF オレジャナ ダニ・G エスカランテ P・レオン
DF ジュンカ アルビージャ ラミス カパ
GK ドゥミトロヴィッチ

FW キケ・G ジョルダン
MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ オレジャナ
DF ジュンカ アルビージャ ラミス ペーニャ
GK ドゥミトロヴィッチ


乾がスタメンを外れたのは、ターンオーバーとして、という事であると思うが、先制点は、オレジャナのパスが起点となってP・レオンがアシスト、という形でもあったし、このままP・レオンが完全復活すれば、乾とオレジャナが左サイドでポジション争いをする、という事になると思うから、今までのようには、安泰ではなくなるとは思う。特に、オレジャナの方が乾よりも得点力はありそうだ、という部分が厳しいところかなと。

可能性としては、「4-2-3-1」的にして、2列目に乾とオレジャナとP・レオンを並べる、という事もあるとは思うが、より機能してきたのは2トップの方であるし、この先にその形が試合の途中からでも試された時に、どれだけ機能性を見せるのか、という事がポイントになってくると思う。「4-2-3-1」というよりも、より「4-1-4-1」に近い形で、「4-4-2」よりもハイプレスが効くのかどうか、かなと。

ただ、どちらにしても、やはり乾には、更なる個のレベルアップ、特に得点力の向上が必要なのは変わらないと思う。そして、そういう意味では、オレジャナの加入やP・レオンの完全復活は、乾の更なるレベルアップを促せる良い刺激や参考になると思うから、とても良い事であると思う。特にオレジャナは、乾と似たようなタイプの選手なので、かなり参考にできる部分があるのではないだろうか。ドリブルにしてもパスにしても。

そして、得点力、というか、シュート、という事に関して、そこに入るまでの動き方や予備動作であるとか、相手のGKやDFとの駆け引きにおいて、冷静にタイミングを外したり、きちんと狙ったコースに蹴ったり、という判断力や技術力を、まだまだ乾は身に付けられると思うから、そこを最後の課題として、より重点的に取り組んでもらいたいなと。そして、とりあえずは、もっと積極的に得点を狙う、という事が必要だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/03 11:51】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】今季の4得点目。しかし途中交代+引き分け。 【 デポルティーボ vs エイバル 】 | ホーム | アイスランド戦(女子) 【 もっともっと危機感を持ってもらいたい。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4016-d9d057a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |