【 乾貴士 】今季の4得点目。しかし途中交代+引き分け。 【 デポルティーボ vs エイバル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第27節
開催日:2018年3月3日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:乾貴士 オウンゴール




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW ジョルダン シャルレス
MF 乾貴士 ダニ・G ディオプ オレジャナ
DF アンヘル アルビージャ ロンバン ペーニャ
GK ドゥミトロヴィッチ

FW キケ・G シャルレス
MF P・レオン ダニ・G ジョルダン アレホ
DF アンヘル アルビージャ ロンバン ペーニャ
GK ドゥミトロヴィッチ


いきなり2つ決定的なシーンを作られて、それはGKの素晴らしいプレイで防いだのだが、それを決められていたら、結果は厳しいものになったかなと思う。しかし、先制点を奪ったのはエイバルで、前半11分、カウンター、オレジャナからの絶妙なクロスを受けた乾が押し込む。という事で、これが乾の今季の4点目となり、過去のシーズンでは3得点がスコア・ハイであったから、それを更新できた、という、嬉しい得点となった。

ところが、前半27分にオレジャナが負傷交代、前半33分に失点、前半39分に相手のGKが退場、という流れになり、もちろん、オレジャナの負傷交代も痛かったのだが、同点の状態で相手が退場者を出した場合、引き分けでも良し、という感じで、かなり割り切ってリトリートされ、逆に勝つのが難しくなってしまう、という試合展開はよく有り、完全にそうなってしまったと言える。例えば、ブラジルW杯のギリシャ戦のように。

従って、後半15分にはボランチのディオプとの交代でFWのキケ・Gを投入、後半29分には乾との交代でアレホを投入、という交代策で得点を狙ったエイバルだったのだが、結局、そのまま試合はスコア「1-1」の引き分けで終了。当然、アウェイではあったが、乾の先制点もあったし、デポルティーボは残留争いをしているし、エイバルとしては勝点3を得たい試合だったのだが、オレジャナの負傷も有り、痛い引き分けだった。

乾については、ようやくの得点はあったのだが、そして、守備面は相変わらず良かったのだが、まだ疲労が残っているのか、それとも、対策されてドリブルを封じられた試合が続いたからなのか、やはり、ドリブルでの仕掛けやシュート、という事に関して、少し消極的になっているのかな、という感じはあった。もちろん、まだ解決策が見つかっていないから、という事だとは思うのだが、それでも積極性は失って欲しくないなと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/04 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 柴崎岳 】 厳しい状態は続く。今はまだ少し個の力不足があると思う。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】ポジション争いの激化で更なるレベルアップを。 【 エイバル vs ビジャレアル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4017-3c5ca4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |