【 柴崎岳 】 厳しい状態は続く。今はまだ少し個の力不足があると思う。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第27節
開催日:2018年3月3日
結果 :レアル・マドリード勝利
スコア:「3-1」
得点者:ベイル C・ロナウド ポルティージョ(PK) C・ロナウド




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ヘタフェ 】

FW アンヘル ファジル
MF レミー モラ アラムバリ ポルティージョ
DF アントゥネス ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK マルティネス

FW アンヘル レミー
MF ファジル モラ アラムバリ ポルティージョ
DF アントゥネス ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK マルティネス

アマトが累積警告で出場停止だったので、レミーか柴崎かの選択だったら柴崎の方かなと予想していたのだが、残念ながらスタメンはレミーの方だった。ちなみに、前半早々にファジルとレミーのポジションは入れ替わったのだが、強い相手と戦う場合に、オーソドックスな「4-4-2」で戦うのか、それとも、「4-4-1-1」に近い形で戦うのか、という事について、かなり、ヘタフェの監督には迷いがあるのかなと感じた。

前半24分と前半46分に失点。そして、後半2分にレミーが2枚目のイエローカードで退場。それを考えると、結果論だと言えるかもしれないが、やはり、レミーではなくモリーナもしくは柴崎をスタメン、あるいは、レミーは前半でイエローカードを受けていたし、そのパフォーマンスも攻守共に良かったとは言えないので、後半のスタートからレミーとの交代でモリーナもしくは柴崎、という事をした方が良かったように思う。

FW モリーナ
MF 柴崎岳 ファジル アラムバリ ポルティージョ
DF アントゥネス ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK マルティネス

FW モリーナ
MF パチェコ ファジル アラムバリ 柴崎岳
DF アントゥネス ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK マルティネス

10人になってしまったヘタフェは、後半11分、アンヘルとの交代でモリーナを投入し、更には、後半14分、モラとの交代で柴崎を投入。そして、後半20分、モリーナが上手くDFラインの裏へ抜け出してPKを獲得し、それをポルティージョが決めてヘタフェが1点を返す。しかし、後半33分、3失点目となり、そのまま試合はスコア「3-1」、ヘタフェの敗戦で終了した。バルサ相手に健闘したので期待はしたのだが。

という事で、途中出場、この試合では、主には左だったが、左右のSHとして、約30分間ぐらいプレイした柴崎については、良いパスも何回か有り、しかし、ミスとなるパスも何回か有り、という感じで、残念ながら、向上のきっかけを掴むには至らなかった。このチームにおいては、他の選手たちとは違う感覚を持ち、そのセンスが輝きそうになるシーンも何回かはあったのだが、やはり、今はまだ少し個の力不足があると思う。

柴崎という選手への期待感からすれば、そこでミスとなるパスは・・・、あるいは、精度を欠くパスは・・・、という事もそうであるし、もちろん、高い信頼を得た後であれば、1回や2回ぐらいのミスがあっても大丈夫なのだが、しかし、今の段階では、そういうプレイがあると、やはりボールをあまり渡してもらえなくなってしまう。そこは本当に海外は露骨であるし、また、個の力としても誤魔化せないので、頑張って欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/05 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デンマーク戦(女子) 【 2連勝。しかし改善すべき部分は明確。 】 | ホーム | 【 乾貴士 】今季の4得点目。しかし途中交代+引き分け。 【 デポルティーボ vs エイバル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4018-5bfdc5ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |