デンマーク戦(女子) 【 2連勝。しかし改善すべき部分は明確。 】
試合 :アルガルベカップ グループステージ 第3戦
開催日:2018年3月6日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-0」
得点者:長谷川唯 岩渕真奈(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       岩渕真奈  田中美南
MF  長谷川唯            中島依美
MF       市瀬菜々  阪口夢穂
DF  鮫島彩  三宅史織  熊谷紗希 有吉佐織
GK         池田咲紀子

FW          横山久美
MF  増矢理花    長谷川唯    岩渕真奈
MF      宇津木瑠美  阪口夢穂
DF  鮫島彩  三宅史織  熊谷紗希 清水梨紗
GK         池田咲紀子


攻撃については、相手が3バックだったので、その横のサイドのスペースを狙っていたと思うし、そういう狙いを持った攻撃から、前半にも2つ、岩渕と長谷川のポストを叩くシュートが有り、悪くなかったと思う。そして、後半には「4-2-3-1」へと変更し、より3バックのサイドのスペースを突ける3トップ気味にして、後は決定力だけ、という事になっていたが、なかなか得点を奪えず、しかし、後半37分に先制点と。

守備については、ここのスタジアムでもピッチ状態が悪く、そこを心配していたのだが、アイスランドもデンマークも、アメリカやオランダやドイツにいるような、高速アタッカー、特にサイドの高速アタッカーというのがいなかったので、それは日本の守備にとって大きく救われる要素だなと。しかし、この試合でも、クロスからの決定的な危ないシーンというのはあって、そういう意味では、課題は克服されていないかなと思う。

それから、個々について言えば、裏へ抜け出すスピード、それを活かさないと田中は、という事が1つと、長谷川と中島は、もう少しお互いを強く意識して、その2人による崩しを狙った方がより活きるかな、という事が1つと、横山が、一時期と比べるとパフォーマンスが落ちているかな、もっとゴールに向かって考え過ぎずにプレイした方が良いかな、という事が1つ。そして、市瀬については、ボランチでは慣れが必要かなと。

一方、良かった選手としては、何回かはミスもあったが、高さ、という部分でもそうだし、やはり熊谷は安定していたと思うし、そして、途中出場ではあったが、右SBの清水は運動量とスピードが有り、とても良かったと言えると思う。1つ決定的なシュートを外してしまった、という事はあったが。また、有吉はまだ精彩を欠いているが、鮫島、阪口、宇津木、という3人のベテランのパフォーマンスも、良かった方かなと思う。

但し、全体的には、ハイプレスの良さは取り戻していた感はあったが、パスワーク、という部分の良さは、特にビルドアップの時や中盤での組み立ての段階、そこではまだ良さを取り戻せていないと思う。ピッチ状態の悪さを差し引いても、ハイプレス、粘り強さ、そして、パスワーク、その3つが、なでしこジャパンのストロング・ポイントであり、また、ストロング・ポイントにしなければならない要素なので、意識して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/06 11:45】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<森保監督が得意とする「5-4-1」というシステムの特性について。 | ホーム | 【 柴崎岳 】 厳しい状態は続く。今はまだ少し個の力不足があると思う。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4019-1fb836ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |