森保監督が得意とする「5-4-1」というシステムの特性について。
「5-4-1」というシステムの持つ特性は、やはり3バックあるいは5バックのシステムであるから、ピッチを横幅に広く使ったサッカーがしやすい、そして、攻守のバランスが、より守備的か、より攻撃的か、どちらかに偏りやすい、という2つの部分は「5-3-2」と同じ。ちなみに、3バックあるいは5バックのシステムには、「3-4-3」や「3-4-1-2」というシステムもあるが、前述した特性は基本的に同じ。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
従って、ベースは4バックのシステムにしているが、中央にいる攻撃の枚数を減らさずに、よりサイドから攻撃したい、つまりは、よりピッチを横幅に広く使ったサッカーをしたい、という場合には、攻撃時には4バックから3バックになる、という方法が採用される場合がある。また、それとは逆に、ベースは3バックのシステムにしているが、より守備を安定させるために、守備時には3バックから4バックに、という事も然り。

しかし、そういう変化する方法の特性は、また別にあるので、それは置いておくとして、今回は変化しない方法による「5-4-1」の特性についてだけ述べる。という事で、では「5-3-2」と「5-4-1」の最大の違いは何であろうか? それは、「5-3-2」であれば「3」のサイド、「5-4-1」であれば「4」のサイド、そこを比較した場合に、タスクが1つ変化する、求められる役割が1つ変化する、という事。

つまりは、「5-4-1」の「4」のサイドというのは、1ボランチではなく2ボランチのサイドなので、より役割としてはSHに近くなり、ボランチ的な守備のタスクというのは、基本的には求められない。しかし、「5-4-1」は「3-4-2-1」とも表現するように、または、「5-3-2」と「5-4-1」の違いは、FWが1枚か2枚か、でもあるから、そこには、より高い位置で起点となるタスクが求められてくる。

もしそのタスクを「5-4-1」の「4」のサイドがこなせない、という事になってくると、FWが孤立しやすくなるので、しかも、そのFWの数は1枚なので、どうしても攻撃は苦しい状態になってしまう。従って、「5-4-1」の「4」のサイドの選手には、守備時には素早く「5-4-1」の「4」のサイドへ、攻撃時には素早く「3-4-2-1」の「2」へ、という事が求められ、攻撃の機能性の半分はそこだと言える。

但し、現実的には、押し込まれた状態から、特に、そこがサイドの低い位置で守備をした後であると、そこから素早く「2」のところへ移動する、という事は困難なので、やはり攻撃については、1トップの選手の起点となれる力が、とても大きなポイントになってくると言える。という事で、もし、ピッチを横幅に広く使う、という事ができていたとしても、前述した2つの条件を満たさないと、このシステムの攻撃は機能しない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/07 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カナダ戦(女子) 【 課題を1つ1つ克服して成長するチームなってもらいたい。 】 | ホーム | デンマーク戦(女子) 【 2連勝。しかし改善すべき部分は明確。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4020-6591cb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |