本田圭佑の招集はあるか? 森岡亮太と中島翔哉と堂安律の招集はあるか? 懸念される井手口陽介の状態と吉田麻也が不在のCB。
3月23日にマリ、3月27日にウクライナ、と国際親善試合を行うハリルジャパン。そのメンバー発表は15日に行われる予定であるが、1つの注目は、やはり、岡崎慎司と香川真司と本田圭佑、その3人が選ばれるのかどうか、という事にあったと思うのだが、残念ながら、負傷中の香川は招集されないはず。そして、岡崎も最近になって怪我から復帰してきたので、もしかしたら、また招集されない可能性はあるのかなと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
従って、その3人の内では、CWCでも良いパフォーマンスを見せ、パチューカでトップ・パフォーマンスを取り戻していると言える本田が、最も招集される可能性があるのかなと思うのだが、まだギリギリまで新戦力の可能性を試したい、という事になれば、また本田も招集を見送られるかもしれない。ハリルジャパンでの本田は、右SH(ウイング)またはCF(1トップ)での起用が主だが、そこにはまだ試したい選手がいる。

右SH(ウイング)は、久保裕也、浅野拓磨、という2人が最有力だったのだが、久保はそれほどパフォーマンスが上がっておらず、浅野はクラブで出場機会を得られていない。しかし、E-1サッカー選手権で良いパフォーマンスを見せた小林悠と伊東純也、更には、クラブでは左ではなく右で起用され、復活の兆しが著しい宇佐美貴史、それから、オランダで活躍を見せている堂安律も、このタイミングで試されるかもしれない。

CF(1トップ)は、一時期は怪我や体調不良でパフォーマンスが落ちていたが、最近は復調してきているので、大迫については順当に招集されると思う。更には、ハリルに高く評価されている杉本健勇、E-1サッカー選手権で良いパフォーマンスを見せた小林悠と川又堅碁、という3人がCFの候補として再び試される可能性も低くはないと思う。本田の実力は充分に把握できているから、という事は、やはり、あると思うので。

それから、本田には、「4-2-3-1」のトップ下、あるいは、「4-1-4-1」の2列目の中央、というポジションでの起用もあると思うのだが、おそらく、再び森岡亮太が招集される可能性は高いと思うし、香川が不在でも、現在は左SH(ウイング)のポジションで招集したい選手が、原口元気、乾貴士、中島翔哉、と3人いると思うので、そこに枠が振り分けられる可能性もあるのかなと。乾と中島は中央でも可なので。

そして、もう1つ注目なのは、井手口陽介が招集されるのか否か、そして、そのパフォーマンスは大丈夫なのか、という事。現在の井手口は、リースへ完全移籍した後、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサというチームへレンタル移籍しており、状況としては芳しくない。その状態が続けば、当然、ロシアW杯での起用には不安が大きくなってくるので、長谷部と山口は順当に選ばれると思うが、井手口には正念場になるかなと。

その他にも、ボランチについては、長谷部の控えとなる役割の選手を誰にするのか、遠藤航で考えるのか、山口で考えるのか、という事も重要な要素で、それによって、長谷部と山口の他に誰を招集するのか、という事にも影響を与えてくると思う。ボランチは、まさに攻守の要であり、そして、やや戦力不足の状況にあるとも言えるから、どのような組み合わせや構成の4枚で考えるのか、とても重要であり、要注目になると思う。

SBについては、長友佑都、酒井宏樹、酒井高徳、この3人は揺るがないと思うが、しっかりと4枚を揃える、という事であれば、もしかしたら内田篤人の復帰があるかもしれないし、植田直通のSB起用はもう無いと思うが、槙野智章は左SBの枠で招集しても良いと思うので、という事は思う。やはり、長友と酒井高徳は、高さ、空中戦、という部分に不安が多かれ少なかれあるので、個人的には、槙野は左SB枠が良いかなと。

更に、現在最も注目というか、大きな懸念材料になってきているのはCBであり、吉田麻也が所属クラブで出場機会を得られていなかった、しかも、現在は怪我中、という事で、おそらく今回は招集されないと思うが、吉田抜きのCBをどうするのか、槙野、植田、そして、昌子源、三浦弦太、という4人でやるのか、それとも、他の選手も試すのか、もしその4人でやるとした場合に、誰を軸にして、どのコンビにするのだろうか。

最後は、GKについてだが、川島永嗣、中村航輔、西川周作、という3人が順当かなと思っているのだが、個人的には、今回のマリ戦とウクライナ戦は、中村航輔を主に使ってみて欲しいと思っている。中村はE-1サッカー選手権で活躍を見せ、川島の実力は充分に把握できているから、より可能性を広げるために、今回は中村に大きなチャンスを与えるタイミングなのではないかなと。招集するのであれば、やはり使って欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/13 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ハリルジャパンは1トップのシステムであれば岡崎や浅野などを1トップにした戦い方を機能させるべきだと思う。 | ホーム | 【 柴崎岳 】 ドン底の状態から這い上がれる強さがあるのかどうか。 【 ヘタフェ vs レバンテ 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/03/14 09:16】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4025-be9c2b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |