ハリルジャパンは1トップのシステムであれば岡崎や浅野などを1トップにした戦い方を機能させるべきだと思う。
攻撃はFWが主導的な立場でなければ機能しない。そこは確定的な要素なのだが、1トップのシステムの場合、1トップにポストプレイヤータイプの選手を置く場合と、1トップにスピードあるいはストライカータイプの選手を置く場合と、その2つのパターンがある。ちなみに、ゼロ・トップ、というのは、1トップにポストプレイヤータイプの選手を置く場合、という方と、どう機能させるのか、という観点から考えて、同じだと言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、問題の1つは、1トップにポストプレイヤータイプの選手を置く場合と、1トップにスピードあるいはストライカータイプの選手を置く場合と、どちらが攻撃的なのか守備的なのか、という事にあるのだが、基本的には、1トップにスピードあるいはストライカータイプの選手を置く場合、という方が守備的であると言える。なぜなら、1トップにポストプレイヤータイプの選手を置く場合の方が、後方からの押し上げが必要だから。

1トップにポストプレイヤータイプの選手を置く場合の攻撃を機能させるためには、1トップの選手がボールを収めた時に、主に2列目や3列目の選手たちが、それを追い越す動きをしたり、あるいは、1トップの選手が相手のDFラインを押し下げ、それによって生まれるマイナスのゾーンのスペースに、主に2列目や3列目の選手たちが入る、という事が攻撃を機能させる1つで、そうしないと、ほぼ攻撃は機能しない、という事になる。

しかし、という事は、攻撃の時には、中盤のスペースが大きく空く事になる、あるいは、後方の人数が少ない状態になる、という事であるから、どうしても、守備は弱くなってしまう。例えば、ザックジャパンがそうであったし、それから、オシムのサッカーというのも、基本的には、1トップのシステムを使う場合には、その1トップにはポストプレイヤータイプの選手を置くので、やはり、同じような守備の特性、弱さがあったと言える。

そして、そういう守備の特性、弱さを補うためには、主に2列目や3列目の選手たちに、攻守の切り替えの速さと運動量を強く求める必要があり、という事だった。しかし、1トップにスピードあるいはストライカータイプの選手を置く場合の方は、基本的にはであるが、後方からの押し上げを必要としない。ほぼ攻撃は前方向のベクトルのみで行われ、攻撃は基本的に守備時の陣形を保った状態で行われるので、つまり、崩れを起こさない。

従って、実は、ザックにしてもハリルにしても、1トップにはポストプレイヤータイプの選手を置くのであるが、日本がW杯を戦うにおいては、1トップにはスピードあるいはストライカータイプの選手を置く、そちらの方の攻撃を機能させた方が良いと言える。南アフリカW杯の時の岡田ジャパンにしても、確かに本田の1トップ起用は当たったのだが、しかし、攻撃については機能していたとは言えず、という事は確実に言える事だった。

もっと早い段階で、堅守カウンターの戦い方をしていたら、その戦い方での攻撃を機能させていたら、というのはそこであり、また、ザックジャパンについても、実際には、柿谷や大久保などを1トップに置く形での、そちらの方の戦い方をしようとしていたのだが、その時もまた、間に合わなかったし、結局、それが故に、ポゼッション型の戦い方で突き進んだので、1トップにスピードあるいはストライカータイプは、合わず終いだった。

従って、その失敗を再び繰り返さないためには、実は、1トップのシステムであれば、ハリルジャパンというのは、大迫や本田のような選手を1トップに置く形ではなく、岡崎や浅野のようなタイプの選手を1トップに置く形、そちらの方を機能させる必要というのがあって、残念ながら、個人的には、そちらの方に流れになっていない、そちらの方の流れになりそうもない、という事が、最も危惧している部分であり、不満に思う所である。

ちなみに、そういう意味では、1トップのポジションには、久保や小林悠であっても良い。せっかく縦に速いサッカーをやっているのだから、1トップにスピードあるいはストライカータイプの選手を置く場合、そちらの方の攻撃を機能させるポイントの1つは、とにかく速いタイミングで1トップの選手にボールを出す、という事であるから、より戦い方との適合性は高いと言えるので、今からでも、是非やってもらいたいなと思っている。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/14 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<マリ戦とウクライナ戦へ挑むメンバーについて。 | ホーム | 本田圭佑の招集はあるか? 森岡亮太と中島翔哉と堂安律の招集はあるか? 懸念される井手口陽介の状態と吉田麻也が不在のCB。>>
コメント
ハリルの岡崎へのコメントが残念でなりません・・・W杯は落選でしょうか?岡崎がいまレスターでやっていることは決して間違ってない。なんとかハリルを見返して入ってほしいです。
【2018/03/15 19:17】 URL | とわ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4026-4e39e7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |