個人的に思う、今回の2試合で主に試してもらいたい形とメンバー。
GK 川島永嗣 中村航輔 東口順昭
DF 長友佑都 車屋紳太郎 宇賀神友弥 酒井高徳 遠藤航
DF 昌子源 植田直通 槙野智章 森重真人
MF 長谷部誠 山口蛍 三竿健斗
MF 森岡亮太 大島僚太 柴崎岳
FW 原口元気 宇佐美貴史 中島翔哉 久保裕也 本田圭佑
FW 大迫勇也 杉本健勇 小林悠





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
          大迫勇也
  原口元気    森岡亮太    宇佐美貴史
       長谷部誠  三竿健斗
  長友佑都 昌子源   植田直通 酒井高徳
          中村航輔

今回であれば、まずは見たい形とメンバーは、上記のような感じかなと。個人的には、ベースは3ボランチ(逆三角形)にしたいのだが、井手口や長澤などの選手ではなく森岡や大島や柴崎という事になると、やはり、基本的には正三角形をベースにするのが良いのかなと。但し、森岡、大島、柴崎、という3人の選手には、攻撃面だけではなく、しっかりと守備でも貢献しながら攻撃でも、という事が強く求められるのは当然だと思う。

そして、ボランチについては、やはり長谷部と山口のコンビがW杯では主力になると思うが、長谷部についてはフィジカル・コンディション、山口についてはパフォーマンス、そこに心配や物足りなさがあると感じているので、せっかく招集したのであれば、三竿を積極的に使って試してもらいたいなと。特にCBを昌子と植田のコンビにするのであれば、同じアントラーズの選手である三竿をセットで、という事を見てみたいなと思う。

ちなみに、今回の場合は、選ばれているメンバーを考えると、大島や柴崎をボランチの1枚に起用する、そうなった場合には、「4-2-3-1」ではなく「4-1-4-1」、という形に近くなると思うが、その可能性も高いのかなと。しかし、今回は親善試合であるから、そういう形でも良い結果は出るかもしれないが、やはりW杯を想定した場合には、それだと守備面が苦しくなってしまうと思うので、という事は強く思うところ。

左右のウイング(SH)は、左に原口、右に宇佐美。この2人は同じクラブでプレイしているから、代表の試合が少なくても連携力の高まりに期待できるので、この2人のウイング(SH)で固定できるのかどうか、という事は絶対に確かめてもらいたい。もちろん、本田と久保と中島、特に中島には多くの出場時間を与えてもらいたいと思っているが、タイプ的には、原口がスタメン、中島は交代の切り札、左サイドはそうなるかなと。

また、個人的には、本田は1トップ枠で良いと思っているし、久保についても、サイドの選手ではないと思っているので、そのあたりの考え方が、今回の2試合で、ハリルホジッチ監督の頭の中で変化してくれれば、という事にも少し期待している。その他にも、小林悠や中島を右サイドで使う、特に小林悠は右サイドで起用される可能性の方が高いのかなと思うが、個人的には、右サイドは宇佐美と小林悠の2人を起用してもらいたい。

1トップは、今のハリルホジッチの考え方に適するのは、やはり大迫と本田だと思うので、まずは大迫、そして、次の試合では本田、という試し方をしてもらいたいのだが、以前の記事でも書いたように、やはり個人的には、なるべくベクトルを前方向にできる1トップでの攻撃を機能させてもらいたい、という事はあって、そこが長年の日本代表の課題の1つであると思うし、やはりW杯では、そこが攻撃のポイントになると思うので。

SBは、酒井宏樹と遠藤航が怪我で、酒井高徳が追加招集されたので、やはり長友と酒井高徳。そして、CBは、森重が久々に招集されたが、やはり試してもらいたいのは昌子と植田のコンビの方。それから、GKは中村。もはや時間が残り少ない状況であるから、可能性的に難しい選手は試すタイミングではないと思うし、連携面の要素も重要であると思うから、やはり、そこをよく考えてもらって、2試合で使う選手を決めて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/22 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本代表、あるいは、日本のサッカーに足りていないのは、あらゆる要素の強度。タフさ。それから、それを生む柔軟性。 | ホーム | アジアカップに挑む、なでしこジャパンは、高倉監督の真価が問われる。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4033-740e5db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |