マリ戦選手評価 【 大迫勇也。森岡亮太。宇佐美貴史。久保裕也。大島僚太。長谷部誠。長友佑都。宇賀神友弥。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年3月23日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ディアビ(PK) 中島翔哉




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF 宇佐美貴史    森岡亮太    久保裕也
MF       大島僚太  長谷部誠
DF  長友佑都 槙野智章  昌子源  宇賀神友弥
GK          中村航輔

FW          大迫勇也
MF  中島翔哉    小林悠     本田圭佑
MF       三竿健斗  山口蛍
DF  長友佑都 槙野智章  昌子源  酒井高徳
GK          中村航輔


大迫勇也

一時期に落ちていた調子は取り戻しているので、パフォーマンスの部分での問題は特に無かったと思う。とにかくまずは、ボールの収め所になる、ターゲットになる、という事が役割になると思うので。今のハリルジャパンの攻撃の問題点は、大迫がその役割を果たした後の攻撃にクオリティを欠いている、という部分であり、この試合の得点シーンでは、最後も中島だったが、その前の段階のところでも中島が個の力で局面を打開している、という事が大きなポイントで、やはり、そこにクオリティが無いと得点は難しい。


森岡亮太

守備では、2トップ気味になって前からプレスをかけたり、トップ下気味になって相手のボランチをケアしたり、攻撃では、とにかく、起点になろう、攻撃を組み立てよう、得点も狙おう、と意欲的なプレイはしているのだが、消えてしまう時間も多いし、簡単に言えば、ほぼ効いていない。今のところ代表では、1試合に1回だけは良いプレイがある、という程度のパフォーマンスなので、やはりそれでは厳しいかなと。今の段階では、香川、岡崎、本田、という選手たちを外してまで、というクオリティは感じられない。


宇佐美貴史

期待していたようには、あまり変わっていなかったかなと。もっとキレの良い動き、動きの多さ、鋭いシュートや精度の高いパス、ドリブルでの仕掛け、それを見せてくれるかなと思っていたのだが、中島と比べても、印象としては大人しかった。但し、戦評のところでも書いたように、個人的には、左サイドではなく右サイドで、という事だけが、ロシアW杯メンバー入りの大きなポイントだと思っているので、ウクライナ戦でも起用するのであれば、やはり右サイドでの出場を望む。それを本人が志願しても良いと思う。


久保裕也

右のウイングまたはSHは、久保と浅野、という2人を既定路線にしていたのだと思うが、浅野は所属クラブで出場機会を失っている、久保は所属クラブでもあまり良いパフォーマンスを発揮できていない、という状況になっているので、やはりそこは、人選の見直しが必要だと思う。宇佐美と小林悠が然り、今回は本田を呼んだが、岡崎も右サイドで使えるし、堂安、南野、伊東純也、という選手たちも存在している。ともかく、以前の時期ぐらいの良いパフォーマンスを取り戻すまでは、久保は様子見をするべきかなと。


大島僚太

良いパフォーマンスを見せていても、それですぐ怪我をしてしまう、怪我が多い、というのは、身体的に無理して良いパフォーマンスを出している、その負荷にフィジカルが耐えられていない、という事でもあると思うから、結局は、力不足、個の能力不足、という事と同じであると思う。個人的にも、ハリルホジッチと同じように、大島には高く期待しているのだが、現状では、ロシアW杯のメンバー入りは難しいと言うか、避けた方が、大島にとっても良いかなと思う。まずは怪我がちのフィジカルを改善してからかと。


長谷部誠

今の長谷部を100%活かすのは、所属クラブでもそうだが、井手口や山口や三竿のような選手を両脇に置いて、その中央でプレイする、そして、守備もそうだが、攻撃でも、そこからクオリティのあるパスを縦やサイドに配給する、という方法だと思うから、やはり2ボランチだと難しいかなと思う。また、2ボランチであると、3ボランチ気味の中央でプレイするよりも守備範囲が広くなって負担も増えるし、怪我は全く心配なくなったように見えるが、個人的には、あまりそこは信じてなくて、過度な負担は避けたい。


長友佑都

連携、という事については、そこが原口でも乾でも、宇佐美でも中島でも、しっかりと戻って来るのは確実に近いと思うので、そことの関係ではアタック&カバーの部分だけだと思うし、結局は、CBやボランチとの関係でも、守備については同じだと思う。それから、攻撃については、前の選手と縦関係で同列の位置にいる事が多い、という事が気になった部分で、前の選手が内にいれば外、逆に、前の選手が外にいれば内、そこを意識するだけでも良くなるような気がする。後は、SBからも縦パスが必要であると思う。


宇賀神友弥

もはや、このタイミングで試す必要がある選手ではないと思うし、しかも、得意とはしていない右SBで、という事になると、どうなるのかは明らかだったのではないか。もちろん、途中出場した酒井高徳も、そこまで良いパフォーマンスではなかったが、それでもやはり宇賀神よりは、という事はあったし、当然、そうであろう事は確実視できたかと思うので。むしろ、三竿を右SBでスタメン起用してみた方が良かったと思う。三竿は遠藤航と似たタイプであると思うし、その遠藤航を右SBでも想定しているのだから。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/25 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マリ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。中村航輔。山口蛍。酒井高徳。本田圭佑。小林悠。三竿健斗。中島翔哉。 】 | ホーム | マリ戦 【 収穫はGKの中村とボランチの三竿と左ウイング(SH)の中島。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4036-e39ded38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |