ウクライナ戦 【 一定の手応えが得られた試合だったと思う。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年3月27日
結果 :ウクライナ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:ラキツキー 槙野智章 カラバエフ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          杉本健勇
MF  原口元気    柴崎岳     本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 槙野智章  植田直通 酒井高徳
GK          川島永嗣

FW          小林悠
MF 宇佐美貴史    中島翔哉    久保裕也
MF       山口蛍   三竿健斗
DF  長友佑都 槙野智章  植田直通 酒井高徳
GK          川島永嗣


結果については、マリにスコア「1-1」の引き分け、そして、ウクライナにスコア「1-2」の負け、という事になったが、良くもなく悪くもなく、実力通りの結果だったかなと。但し、この試合に関しては、W杯に向けて、一定の手応えが得られたのではないかと思う。植田と酒井高徳のミスやパフォーマンスの悪さが目立ったが、そこは吉田と酒井宏樹になれば、という事もあるし、1トップも大迫がファースト・チョイスなので。

そして、柴崎が森岡よりも良いパフォーマンスを見せ、中島もトップ下でも良いパフォーマンスを見せたので、トップ下のポジションの2枠を香川と柴崎または中島にする、というプランも明確に見えた。更には、槙野のパフォーマンスは高かったと思うし、本田のパフォーマンスも悪くはなかったと思うし、三竿も2試合続けて途中出場から良いパフォーマンスを見せたと思うから、選手のテストとしての一定の手応えはあったと思う。

守備については、1失点目を見れば、やはり、もう1枚足りない、という事が、誰の目にもわかったのではないだろうか。「4-2-3-1」という形であれば、あそこのスペースを埋めるべき選手は、下がってトップ下の選手か、絞って右SHの選手か、思い切って右SBの選手か、という事になるのだが、トップ下の選手は、2トップ気味にプレイしている場合には難しいので、基本的には、右SHか右SBの選手、という事になる。

しかし、右SHや右SBの選手が、あそこのスペースに対応する、という事になれば、相手の左SBや左SH(ウイング)の選手がフリーになってしまう。もちろん、中央のあのスペースが空いてしまう事、相手の左SBや左SH(ウイング)の選手がフリーになってしまう事、どちらを避けるべきなのかと言えば、それはやはり、中央のあのスペースが空いてしまう事、ではあるのだが、どちらになったとしても、日本の場合は厳しい。

従って、横幅を4枚ではなく5枚で守れるシステムにして、中央のあのスペースが空いてしまう事、相手の左SBや左SH(ウイング)の選手がフリーになってしまう事、そのどちらも起こらないようにするしかない、という事。そうすると、ハイプレスができなくなってしまうかもしれないが、結局、今回の2試合を見てもわかるように、前に2枚を置くシステムでもハイプレスは効かないので、それならリトリートで守った方が良い。

しかし、「4-5(3ボランチ)-1」というシステムは、「4-1-4-1」というシステムにもなれるのだから、ハイプレスが効くと思えば、あるいは、ハイプレスで戦う必要があれば、「4-5(3ボランチ)-1」というシステムから「4-1-4-1」というシステムに変われば良い。実際のところ、南アフリカW杯の時の日本代表の戦い方が、まさにそれだったわけで、やはり日本の場合は、その戦い方が最適なのだと思う。

そしてそれは、長谷部のパフォーマンスを見てもそうで、2ボランチであると、守備範囲が広くなって苦しそうだったし、そうなるとやはりミスも増えてしまう。更に言えば、中島は違うかもしれないが、香川や柴崎の場合には、固定的なトップ下であるよりも、トップ下も兼ねる、または、トップ下寄りの役割ではあるが、3ボランチのサイドの方がフィットすると思うし、良いパフォーマンスが出せると思う。特に近年の香川はそう。

攻撃については、相変わらず、アタッキングサードに入ってからのミスは多かったし、なかなかシュートができない、シュートできても決定力を欠く、という状態ではあったが、そこはもはや個の力でしかないので、選手たち以外にはどうにもできない。しかし、個の力さえあれば、2得点から3得点ぐらいはできたと思うので、攻撃に関しては、それほど問題は無かったと思う。やはり、問題だったのは、2失点した守備だったと思う。

1回ずつだけではあったが、山口や槙野からの対角線への良いロングパス、サイドチェンジのパスもあったし、ミスがあっても、いちいちネガティブにならずやり続けていたし、結局、同点に追い付く事はできなかったが、終盤には波状攻撃を仕掛けられていたシーンもあったから、そこには一定の手応えが感じられた。後は、それを必ず継続させ、その回数や時間を増やし、そのクオリティを上げていけば良いのであり、迷う事は無い。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/28 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ウクライナ戦選手評価 【 杉本健勇。柴崎岳。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。長友佑都。酒井高徳。 】 | ホーム | ガッカリして大きな悲壮感が漂っている事に対して、とてもガッカリする。>>
コメント
スポナビからよく読ませていただいてます。
ウクライナ戦はみる事が出来なかったので、少しずつ形ができているようでよかったです。
今回のWカップもまずは、目標勝ち点4で満点で5ぐらい取れればいいところですね。
あと少ない期間を、しっかりと個々の役割とチームとして3国とどういうふうに、試合を進めるかをしっかり、イメージして進んでってくれればいいと思っています。
技術云々は一朝一夜で、すごくよくなるもではないので、今の戦力でいかに戦うかを選手たちには極めていただきたい。
ハリルさんには、そこを落とし込んでやれる人だと期待しているので頑張ってほしいです。
【2018/03/29 10:23】 URL | アルト #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4040-7a4bb2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |