ウクライナ戦選手評価 【 杉本健勇。柴崎岳。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。長友佑都。酒井高徳。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年3月27日
結果 :ウクライナ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:ラキツキー 槙野智章 カラバエフ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          杉本健勇
MF  原口元気    柴崎岳     本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 槙野智章  植田直通 酒井高徳
GK          川島永嗣

FW          小林悠
MF 宇佐美貴史    中島翔哉    久保裕也
MF       山口蛍   三竿健斗
DF  長友佑都 槙野智章  植田直通 酒井高徳
GK          川島永嗣


杉本健勇

厳しいかな、という感じだった。W杯への挑戦は、まずは海外のリーグへ行って、そこである程度の結果を残せてから、という事になると思う。インテンシティ、テクニック、フィジカル、まだ多くの要素で個の力が足りていない。まずは、もう1つ2つ、ギアを高めた状態で常にプレイできなければならないし、もっとボールをコントロールする技術も上げなければならないし、そして、やはり、どう見ても、体の幅も足りていない。


柴崎岳

他の候補者が怪我やクラブでの出場機会を失っている事によって得られた幸運な選出だったと思うが、森岡よりは良いパフォーマンスを見せられたと思う。そういう意味では、しっかりとチャンスを活かした、と言える。但し、パスに逃げてしまう、個で局面を打開できない、など、ヘタフェでなぜ苦しくなっているのか、という部分はやはり見えていたし、そうであると、W杯では、厳しくなるのは目に見えている。まだ物足りない。


原口元気

良かったと思う。まずは守備をする。献身的に、サボらず、きちんと体を張った守備をする。そして、攻撃ではミスを恐れずにチャレンジする。特にサイドではドリブルで仕掛けてチャレンジする。アタッキングサードに入ったら勇敢にプレイし続ける。それができていた原口は合格だったと思う。後は、攻撃も守備も、その1つ1つのプレイのクオリティを上げるだけ。インテンシティは高く、しかし、頭は冷静に。そこが鍵かなと。


本田圭佑

試合を落ち着かせられるとか、久保や浅野よりも攻守のバランスが取れる、という部分の良さは見られていたと思う。しかし、右SH(ウイング)であると、攻撃の時には必ず右SBのサポートが必要である、それから、スタミナ的に90分間は厳しい、というマイナスはあるので、ロシアW杯のメンバーに選ばれたとしても、CFの2番手であったり、時間や試合数を限定して使う、半主力のような感じになるかなと。まだ当落線上。


山口蛍

ショートパスはミスが多いので、しかし、ロングパスには良さを持っているのだから、まずは良いプレイができる方のプレイを選択してもらいたい。どのような守備を得意としているのか、という事を考えてもそうだが、山口という選手は、とにかく、細かくチマチマとしたプレイには向かない。大きく、出足を鋭く、しかし、粘り強く、攻守の切り替えを速く、ゾーンを守る事も意識して。そうすればもっとパフォーマンスは上がる。


長谷部誠

選評のところでも書いたように、ザックジャパンの頃からもそうだったが、今は更に年齢的な事もあるし、やはり、2ボランチだと厳しいと思う。しかし、所属クラブでもそうであるように、3ボランチの中央だったり、または、3CBの中央だったり、つまり、運動量的に余裕を持てる役割であれば、長谷部は高いパフォーマンスを発揮できる。そもそも、ベテランというのは、そういう存在であるし、そういう活かし方であるべき。


長友佑都

クロスはワンタッチもしくはツータッチ以内で上げる。そして、それができるようなタイミングでオーバーラップする、または、それができるようなボールの受け方をする、という事が重要であり、連携を良くするためのポイントもそこにあると思う。更には、何回も書いてきたが、詰まったら大きなパス、大きなサイドチェンジ、縦へのロングフィード。もしそれができないのであれば、左SBは槙野にした方が機能するかなと思う。


酒井高徳

落第点。酷かったと言えるレベルだった。これだったら右SBの2番手には、遠藤航や三竿を想定した方が良いかもしれない。良かったと思えば、すぐに悪くなってしまうし、しかし、悪かったと思えば、良いパフォーマンスを見せる試合もあるし、本当に波が大きくて、難しい選手だなと。とにかく、全く成長していないのは、判断力の部分。酒井宏樹の何が良くなったのかと言えば、やはり、そこだと思うので、賢くなって欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/29 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウクライナ戦選手評価 【 槙野智章。植田直通。川島永嗣。小林悠。久保裕也。中島翔哉。三竿健斗。宇佐美貴史。 】 | ホーム | ウクライナ戦 【 一定の手応えが得られた試合だったと思う。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4041-5c0e8c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |