ウクライナ戦選手評価 【 槙野智章。植田直通。川島永嗣。小林悠。久保裕也。中島翔哉。三竿健斗。宇佐美貴史。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年3月27日
結果 :ウクライナ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:ラキツキー 槙野智章 カラバエフ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          杉本健勇
MF  原口元気    柴崎岳     本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 槙野智章  植田直通 酒井高徳
GK          川島永嗣

FW          小林悠
MF 宇佐美貴史    中島翔哉    久保裕也
MF       山口蛍   三竿健斗
DF  長友佑都 槙野智章  植田直通 酒井高徳
GK          川島永嗣


槙野智章

このままのパフォーマンスが続けば、CBは槙野と吉田になる可能性が一番高くなったのかなと思う。CBの選手に限らずだが、セットプレイで得点源となれる選手がいる、というのは大きいし、特に流れの中での決定力が不足している日本の場合には、それが得点力の生命線であるとも言える。ちなみに、半分冗談で半分本気であるが、槙野には、日本のセルヒオ・ラモスになってもらいたいなと。いくつか共通する部分はあるので。


植田直通

経験不足が、そのまま出てしまったかな、という感じだった。しかし、招集されても試合には使われない、使われたと思ったら右SB、という感じの扱われ方だったから、経験不足なのは仕方がなかったと思う。但し、リオ五輪の時もそうだったが、強い緊張感があると動きが硬くなってしまう傾向があるのかなと思うので、もしそうであるとしたら、そこのメンタルコントロールの部分は改善してもらいたい。そこも重要な個の能力。


川島永嗣

ずっと書いてきているが、やはり、格上相手に良い結果を出すためには、GKのビッグセーブ、今回の試合であれば、2失点の内の1失点でもGKのビッグセーブで防げていれば、スコア「1-1」の引き分けで終えられた可能性は高かったと思うし、マリ戦のスコア「1-1」の引き分けも、GK中村のビッグセーブがあったから、だとも言えるので、そういう意味では、個人的には、川島と中村は、かなり拮抗してきたかなと思う。


小林悠

杉本よりは良かったと思うので、本田も久保もCFで使わない、岡崎も招集しない、という事であれば、CFの2番手になる可能性はあると思う。トップ下や右サイドでも使われたりと、複数のポジションでプレイできるのも強味になるかなと。但し、なかなか周囲と噛み合わない、というのは大きなマイナスポイントで、もっと時間があれば連携は、と言うが、招集された回数はそれなりにあるし、その割には長く噛み合わないなと。


久保裕也

攻撃に関しては、いつも得点の可能性は見せているのだが、久保を右サイドで起用する場合には、ある程度、守備は悪くなっても得点を、という事だと思うので、やはり結果が出せないと立場は苦しくなると思う。宇佐美や中島を右サイドで起用しなかった、という事を考えると、ハリルは久保に大きく期待しているのだと思うから、再びパフォーマンスを上げて、その期待に応えてもらいたい。おそらく、キレが落ちているのかなと。


中島翔哉

個で剥がせる、という事は、やはり強いなと。宇佐美に期待している事、柿谷に期待していた事、それを中島がやってくれている。しかし、守備面や交代の切り札が必要、という事を考えると、左サイドでは、原口がスタメン、中島が途中から、中央のポジションであっても、香川がスタメン、中島が途中から、という起用法が良いと思う。個人的には、左サイドは原口と乾で、左サイドも想定しながら中央の枠で中島、が良いと思う。


三竿健斗

稲本とか、福西とか、中田浩二とか、または、阿部とか、今野とか、そういうフィジカルや空中戦でも戦える選手というのが、日本の中盤にも、特にボランチにも必要だと思うから、遠藤航と三竿、この2人というのは、もっと使ってもらいたいなと。もし本格化するとしても、まだ時間は必要であると思うが、フィジカルや空中戦でも戦える、という事にポテンシャルを感じるボランチは、必要不可欠枠として組み込んでもらいたい。


宇佐美貴史

この試合に関しては、出場時間が短かったので、という事ではあるが、やはり、総合的に考えれば、乾の方がパフォーマンスは上であると思う。おそらくは、テストしたかった、最後のチャンスを与えたかった、という意図が強い選出だったと思うので、今回の宇佐美のパフォーマンスを考えれば、次は乾の方を招集すると思う。もっとプレイの強度を上げる、それから、もっとドリブルで仕掛ける、それができないと宇佐美は苦しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/03/30 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<マリ戦とウクライナ戦の総括。重要な事は3つ。 | ホーム | ウクライナ戦選手評価 【 杉本健勇。柴崎岳。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。長友佑都。酒井高徳。 】>>
コメント
伊東がこのレベルの相手にどのくらいやれるのかが見たかったです。やはりドリブルで仕掛けられる選手は貴重ですし守備面でのテストにもなったと思うので。
【2018/03/30 13:34】 URL | とわ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4042-aa7410b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |