ハリルホジッチの選手起用の大きな2つの謎。
岡崎をCF(1トップ)でしか起用しない。

個人的には、最大に謎なのはこれ。初期の頃ではあるが、大迫も右サイドで起用した事があるのに、岡崎だけは頑なに右サイドで起用しない。久保、浅野、小林悠、CFタイプの彼らは右サイドで起用しているのに、岡崎だけは頑なに右サイドで起用しない。それから、彼らを縦関係の2トップの下やトップ下のような位置で起用する事もあるのだが、レスターでの岡崎はまさにそこでプレイしているのに、やはり頑なに起用しない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
つまり、他の選手の多くは複数のポジションで起用されたり試されていたりするのに、岡崎だけはそうではない、という事。更に言えば、ハリルホジッチのサッカーへの相性という部分でも、岡崎の方が香川や本田よりも良いと思うのだが、という事も不可解。スピード不足だからか? しかし、浅野以外の選手とは大差があるとは思えない。得点力不足だからか? 今季の岡崎の現時点での得点数は6。久保は8。本田も8である。

つまり、現時点では2しか差がないし、Jリーグは当然として、普通に考えれば、ベルギーリーグやメキシコリーグよりも、やはり、プレミアリーグの方がレベルは上であると思うから、それを考えても、岡崎の得点力が他の日本人選手と比べて劣っているとは思えない。むしろ、今でも、日本人選手の中ではトップクラスなのではないだろうか。やはり、リーグのレベル差、というのはあると思うから、そこは考えるべきだと思う。

では、恒常的に試合に出場していないからだろうか? しかし、今季の岡崎は40%以上の試合でスタメン出場しているし、途中出場も含めれば70%以上の試合に出場している。1試合のプレイ時間数は70分以下である事が多いが、それでも代表から外す理由にするほどプレイ時間が少ないとは言えない。むしろ、そのプレイ・スタイルやレスターで求められている役割を考えれば、得点数もプレイ時間も充分だと言えると思う。


昌子と植田をセットで使った事が無い。

もう1つの大きな謎がこれ。EURO2016では、イタリアが、キエッリーニ、ボヌッチ、バルザーリ、という、当時のユベントスの3バックの選手たち(GKのブッフォンもユベントス)をそのまま起用し、それで生まれていた連携の良さによる守備力の高さと安定が、ベスト8の原動力となっていた。そもそもとして、時間が少ない代表というチームにおいては、同じクラブでプレイしている、という事も有効活用すべきだと。

もちろん、吉田が軸で、そのパートナー探し、という事がCBの現状ではあるが、吉田が不在になる状況は考えるべきであると思う。しかし、E-1サッカー選手権でもマリ戦でもウクライナ戦でも、吉田が不在だったのにも関わらず、昌子と植田がセットで使われる事は無かった。吉田が不在の場合のCBは槙野が軸、という事なのかもしれないが、それでも、昌子と植田のセットを1回も試さない、というのは不可解だと感じる。

個人的には、個の能力としてとか、ポジションの適性としてとか、監督がこうだと決めている事があったとしても、そうではない可能性もあるし、練習と試合では違う事もあるので、少なくとも1回は何事も試してみるべきだと思っている。従って、そういう部分に関しては、個人的にも、ハリルホジッチは少し柔軟性に欠けている、あるいは、選手起用に関しては不可解さがある、と感じている。メディアもそこを質問して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/04/03 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ハリルホジッチには期待できない、ではなく、全くその逆に、日本はハリルホジッチの本番での采配に期待するしかない。 | ホーム | ガーナ戦(女子) 【 成長しながらW杯への出場権を得るしか道は無い。 】>>
コメント
ハリルは選手起用が行き当たりばったりというか先を見据えている感じがあまりしません。それがこのような謎を生んでいるのかもしれないですね。岡崎はプレミアリーグでやっているというところがあまり評価されていないように思います。これは乾も同様な感じがします。
【2018/04/03 17:29】 URL | とわ #-[ 編集] | page top↑
いつも楽しく拝見しています。

ハリルホジッチはどうもいまひとつ各選手の能力や適性を把握しきれていないように思います(もちろん選手一人ひとりの出場試合をすべてチェックするのは現実的ではないでしょうが)。

岡崎は泥臭い印象がどうしても先行しがちですが、案外器用な選手であり、監督にとって使い勝手は悪くない選手のはずなので代表での起用法は残念です。逆に武藤嘉紀は1TOPで見たかったのですが、右で少し出場しただけで呼ばれなくなりました。

適性についても少し雑な起用が見受けられます。昌子・植田のユニットもそうですが、ドイツで好調だった左原口・右宇佐美を今回の遠征で試さなかったのを見て、ハリルはあまりクラブでのポジションや連携は考慮していないのだと思いました。

代表での出場が少ない選手をいきなり適性外のポジで出すことが多いのも気になります。今回の宇賀神やE-1の植田右SB、原口をDMFで起用したこともありました。なんか、「個の力さえあれば不慣れなポジションでもなんとかなるからお前の力を見せてみろ」的に乱暴に送り出している気がしないでもありません。経験や戦術理解度が少ない選手こそ、まずは一番力を発揮できるポジションで起用して慣れさせるべきだと思うのですが・・・

万人が納得する選手選考はありませんが、ハリルには少なくとも選手が最大限活躍できるような采配をふるってほしいと願っています。
【2018/04/03 12:23】 URL | Marble #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4045-4c4ba42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |