ハリルホジッチの解任に思う。成長を諦めてしまった事に失望する。
結局は最後の最後に、元に戻る事を選んでしまった、という事かなと思う。Jリーグではもう成長できないと感じ、海外のリーグにチャレンジしたが、あまり良い結果が出せず、自分がやりたいサッカーとは違った、または、自分が得意とするようなサッカーではなかった、と言ってJリーグに戻って来る。そんな感じなのかなと思う。正直、ガッカリしてしまうが、諦めてしまったものは仕方ないし、他の(次の世代の)選手たちに期待する事にして、今はもっと個の力が高い選手たちが出て来るまで待ちたいと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
個人的には、ハリルホジッチがW杯でどのような采配を揮うのか、とても楽しみにしていたので、すごく残念に思っている。ハリルホジッチの真価はW杯での試合に有り。と、ハリルホジッチの就任当初から思ってきたが、一方では、その頃の記事でも書いたと思うが、ハリルホジッチのサッカーに拒否反応を起こす人たち(選手も含む)は少なからずいると思うから、主戦場がアジア外へ移った時に、つまりは、結果が出なくなるまで待って、そういう人たちが批判を強めるだろう、という事も容易に想像できていた。

もちろん、選手選考や選手の起用法など、ハリルホジッチを全面的に支持できたわけではない。しかし、結局は、そういう部分についても、ハリルホジッチがミスを認めた事もあったし、7割なり8割ぐらいは、支持できる選手選考や選手の起用法に修正されてきたので、マリ戦とウクライナ戦というのは、あくまでも親善試合、テストマッチであったから、それを経て、W杯までには、また修正されるだろうと個人的には思っていた。しかし、残念ながら、そう思えた人というのは、かなり少なかったのかなと感じる。

あくまでも個人的には、ブラジルW杯でやったサッカーとは違うサッカーで挑むロシアW杯、というのを見てみたかったし、そのためには、そういうサッカーに反対する選手たちというのは、誰であっても選外にして良い、選んでも主力にしなくて良い、とも考えていたぐらいなので、最後まで徹底してやりきってもらいたかった。何事も最後までやりきらないと、良い悪いの判断ができない。中途半端が最も良くないと思う。これでまた自分たちのサッカーで惨敗したら、それこそ、完全に日本は道を見失ってしまう。

ポゼッションサッカーでは勝てない。カウンターサッカーはできない、やりたくない。ではどうしたら良いのだろうか? ポゼッションサッカーは4年間やりきった。実際には、南アフリカW杯直前までの岡田ジャパンもポゼッションサッカーであったから、7年から8年ぐらいはポゼッションサッカーをやってきた。それで日本代表は強くなったのだろうか? カウンターサッカーができないチームのポゼッションサッカーは相手にとって最も戦い易い。個の力が低いポゼッションサッカーならば尚更そうだと言える。

トライアル&エラー。ビルド&スクラップ。それが成長や完成度の高いものを作るための鉄則だと思う。今回のハリルホジッチの解任は、トライアル&エラーを許さない、そして、ビルド&スクラップも許さない、という悪い判断だったと思う。そもそもとして、日本のサッカーには、失敗にネガティブにならずトライアル&エラーを続ける、1つの戦い方に拘らずビルド&スクラップで完成度を高める、という思考が大きく欠けている。従って、個人的には、今回の解任は支持しない。成長の糧にならない選択だった。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/04/10 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
<<大きな裏切り行為以外の何物でもない。手柄の横取りか責任逃れか。卑怯者は去るべし。 | ホーム | 【 柴崎岳 】 チャンスは与えられている。 【 アラベス vs ヘタフェ 】>>
コメント
今回の解任は納得行きません。これまでは代表を応援してましたが、本当に興味がなくなりつつあります。そして、また日本に合ってるのはポゼッションだパスサッカーだという流れ、路線になるのを恐れています。本当に日本サッカーがアジアでも勝てないようになるんじゃないかと危惧しています。
【2018/04/11 23:21】 URL | あいうえお #-[ 編集] | page top↑
異常、それ以外の表現が見つかりませんね。
欧州組レギュラーを日本に呼んでその後の欧州遠征で呼ばなかったという、
コンディションを落として足を引っ張る招集以来不満で一杯でしたが、
少なくともポゼッションプレーを贅沢と言ってのけた戦力評価は正しいと思います。

パス&ムーブや常時複数のパスコースを作るポジショニング、
適切な強さのパスや正確なトラップなど、基本的なスキルは代表のトレーニングでは身に付きません。
山口、本田、長谷部などは特にどうにもならない。
贅沢はまだ優しい表現で自殺行為でしょう。

そのうえで、現実主義者としてどう戦ってどういう結果になるのかを見届けたいと思っていました。
本当に残念です。
【2018/04/11 14:41】 URL | #-[ 編集] | page top↑
いつも楽しく拝見させて頂いております。

解任についてハリルホジッチ監督は何も知らされていなかったとの事で、
解任に踏み切った時期や理由よりも、
サッカー協会の非人道的ともいえるやり方に落胆しています…。

確かに結果は出ていませんし、不満があるのは解ります。
ですが、曲がりなりにも3年間、本気で日本代表を強くする事だけを考えて
きてくれた監督に対して、やっていい事ではなかったと思います。

今回の一件で、jube様のサッカーに対する情熱が損なわれないかがとても心配です…。
どうかご自愛くださいますよう願いつつ、今後もご活躍を楽しみにしております。
【2018/04/11 12:23】 URL | haruka #EuRU1GQQ[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/04/11 11:43】 | #[ 編集] | page top↑
選手が嫌だと言えば監督解任、スポンサーが気に入った選手を使わなければ監督解任、そうとられても仕方ない会見です。田嶋以下、腐りきった協会は責任もとらないでしょう。代表には興味がなくなりました。
【2018/04/11 06:40】 URL | #-[ 編集] | page top↑
失望を通り越した怒りで目が覚めました。
このタイミングでの解任は非人道的行為と考えています。
東日本大震災の直後に行った復興支援試合のカズダンスに心打たれ、選手たちはじめサッカー界を心の底から応援していました。スポーツを超えた素晴らしさを感じていたからです。
今回の解任はその逆です。スポーツを超えた醜さを感じました。
具体的にはスポンサー、要はお金の力でしょうかね。長期的目線でのチームの強化とか放ったらかして、目の前の人参に行ってしまった。ただそれだけだと思います。
しばらくサッカーから距離を置こうと思います。
【2018/04/11 05:25】 URL | #-[ 編集] | page top↑
もしW杯後に協会幹部が責任を取らなかったら、ほんとに失望してしまう。そしてその可能性が高く感じてしまうことが憂鬱...
【2018/04/11 04:47】 URL | ほげぴよ #-[ 編集] | page top↑
長文駄文失礼致します
長らくjube様のブログ拝見しております。
いつもありがとうございます。

今回の件、jube様がどうお考えか知りたく
駆けつけてまいりましたがやはり批判・反対の立場を取られていて
やはりなと安心というか同意というか納得をしている次第です。

今回サッカージャーナリストの方々も、常々建設的・発展的な
意見を述べる方、もっとシンプルにいえば面白い記事を
書かれる方々は軒並み批判・反対の意思を表明されていますよね。

それほど今回の件は愚行であり悪手であったと感じています。

ただ日本人の特性として、どんな批判のときも個人名を出すことが
ほぼなく、体制や組織への批判であることがほとんどです。
しかし今回個人的にはここはもっと個人にフォーカスしてよい
と思っています。

つまり協会トップである田嶋氏であり、技術委員長西野氏が
中心となり、思い通りにならないハリル氏と不満がくすぶっている
選手達の溝が広がるのを黙ってみていたばかりか
助長するようなアプローチをしていた。

また代表選手のヒエラルキー最上位である長谷部、本田、長友
(あるいは香川岡崎も含まれるのか?)らも、
自分達が志向する方向性ではないハリル氏が解任されるであろう
流れに抗うことはなくむしろ賛同していた節が散見されます。

彼らはもちろん監督とディスカッションは重ねていただろうし、
建設的な意見のぶつけ合いをしていただろうけれども、
その結果の監督の意志は尊重しなければならない。
どのスポーツの世界もそうであり、どうしても自らの意に沿わない
のであればそのチームを抜けなければならない。
監督<選手となっていい結果が生まれた試しなどない。

しかし今回はどうだったのでしょう。
明らかに選手達は監督の意志を尊重しなくなり、
選手が協会を巻き込み、結局はいわゆる
「自分たちのサッカー」を強引に押し通した格好にしか見えません。

組織のあり方として、また人として、
正しい姿であるとはとても思えません。

もちろんハリル氏の性格も大いに影響はしたでしょうし、
「政治はしない」と仰るその無骨さが産んだ結果とも言えるのは
事実だとも思います。(過去にもクラブチーム、代表チームで
何回も衝突によりその任を追われていますし…)

しかし、ブラジルW杯前にも本田が中心となりザック氏の
意に沿わない主張を展開したのは通訳矢野氏の著書により
周知の内容で、その結果としてのブラジルW杯でもあります。
・「自分たちのサッカー」では世界と戦えない
・ジーコ時代でもそうであったように、選手の志向にあわせた
 スタイルでは結果が出ない
が総括であり(もちろん監督のW杯指導経験も重要視され)
それをうけてのアギーレ→ハリルホジッチ就任であったはず。
相手にあわせた「プレス&カウンター」と
指導力の強い監督就任であったはずなのに、
なぜ元の木阿弥になるのか…なぜまた繰り返すのか…

という思いが自分の中で渦巻いていたなか、jube様の文章にも

「他の(次の世代の)選手たちに期待する事にして、今はもっと個の力が高い選手たちが出て来るまで待ちたいと思う。」

の言葉が現行メンバーへの失望であるように読み取れ、
非常に同意を得た気持ちになりました。

もちろん長谷部本田の実績や貢献を否定する気は全くありませんし、
彼らのキャリアに対して尊敬尊重の念を強く持っています。
しかし今回の件は彼らのキャリアに大きな汚点として残るでしょう。

最後に、川島選手のブログでのハリル氏への言葉が
せめてもの救いでした。

長文駄文、大変失礼致しました。
【2018/04/11 02:41】 URL | にわかーん #-[ 編集] | page top↑
jube様

いつもありがとうございます。

私も支持しません。
最悪の決断だったと思います。
【2018/04/11 02:35】 URL | きゃらばん #-[ 編集] | page top↑
私もハリルの策謀を見てみたかったひとりです。

T会長の会見内容みるに、そこには明確な論理はなく(矛盾すら散見されました)、恐らく、器の小さい、知恵もない、凡庸な人間が、自身の感覚で場当たり的な決断をしただけのことかと思えてきています。
なので、あまりいろいろと考えるだけ無駄なんじゃないですかねぇ。。。

一昔前、
オランダは、フリットを組み込むことをあきらめた。
ブラジルは、ロマーリオを選択肢から外した。
ドイツは、バラックに頼ることをやめた。

まぁ、強国は一部の選手と心中などしないことだけは確かですね。(アルゼンチンは例外ですが)
【2018/04/10 23:14】 URL | M.MARS #-[ 編集] | page top↑
ほんとに、残念なニュースでした。できないから、やらないでは、日本はずっと弱いままなのでしょうね。
選手達がほんとにハリルさんの戦術が合わないから勝てないと思っているなら、残念です。

【2018/04/10 21:24】 URL | aruto #-[ 編集] | page top↑
今回の解任については、非常に不可解なタイミング、かつ、不明瞭な判断基準でなされたものと考えます。
しかも代表の強化やW杯での成績を考えたものではないのは明らかです。
端的にいえば、一部選手の声や、スポンサーなどの声に屈してしまった。
正直、私は日本代表はもう応援できません。こんなことがまかり通るのであれば、ますます代表人気は落ちていくでしょう。
例え、西野JAPANがW杯で結果を残したとしても、です。
方向性の軸と継続性の欠落。
日本代表及びJFAには心底失望しました。
【2018/04/10 15:17】 URL | 右サイドバック一筋 #-[ 編集] | page top↑
ハリル解任は心の底から残念です。
正直日本代表を応援する気力ごと持ってかれてるぐらいにガッカリしてます。
せめて本線はこれまでの4年間を活かした戦いを見せて欲しいと思います。
【2018/04/10 13:17】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4050-d3053125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |