韓国戦(女子) 【 全く改善されていなかった。 】
試合 :アジアカップ グループステージ
開催日:2018年4月10日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       岩渕真奈  田中美南
MF  長谷川唯            川澄奈穂美
MF       阪口夢穂  隅田凜
DF  鮫島彩  市瀬菜々  熊谷紗希 清水梨紗
GK         山下杏也加

FW      菅澤優衣香  横山久美
MF  長谷川唯            岩渕真奈
MF       阪口夢穂  隅田凜
DF  鮫島彩  市瀬菜々  熊谷紗希 清水梨紗
GK         山下杏也加


簡単にボールを奪われてしまう、しっかりとボールを奪いきれない、そういうシーンが散見されていて、やはり、もっと1対1のところでの強さ、激しさ、粘り強さ、上手さ、などを高めないと、次の試合からは苦しくなると思う。それから、1つ1つのプレイの精度、クロスの精度や、サイドチェンジの精度や、縦パスからワンツーなどの連携で崩す時のパスの精度など、特にキックの精度は、もっと高くしないと自滅してしまう。

更には、全体的なテンポをもっと上げるために、判断のスピードをもっと上げる。特にビルドアップの時には、前へ前へ、という感じではなくても、横パスでも後ろへ戻すパスでも良いから、もっと判断のスピードを上げて、リズム良くパスを回す。そして、スピード感をもっと出すには、迷ったら、まずは一番遠くの逆サイドを見て、そこへ繋げていくようにする。そういう事ができるようになれば、自然にスピードは上がるはず。

そして、そのためには、受ける側の選手も、もっと動く、もっと速く動き出す、という事が必要であり、前の4枚と左右のSB、その6枚には、もっと動きの量の多さと質の良さを強く要求したい。またそこは、ハイプレス、守備、という面でもそうで、一時的にではあるが、その力が落ちてた時間帯があったので、相手が強いと、そういう時間帯に失点する、という事にもなりかねないから、そこは反省点として大きかったかなと。

と、ベトナム戦の戦評で書いたのだが、全く改善されていなかった、という印象だった。勝ちたいとか、勝たなければならないとか、そういう気持ちだけあっても、きちんと悪かった部分を改善しなければ、十中八九で良い結果は出せない。少しでも、前の試合よりも良くなっている事。少しでも、前の試合よりも成長している事。与えられている成長のチャンスを無駄にしない、という事が重要。オーストラリア戦では期待したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/04/13 05:55】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西野朗監督の日本代表監督就任会見を聞いて思った事。 | ホーム | ハリルホジッチを解任すべき理由もタイミングも無かった。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4053-b446b864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |