FC2ブログ
西野朗監督の日本代表監督就任会見を聞いて思った事。
つまり、「結局は最後の最後に、元に戻る事を選んでしまった、という事かなと思う。Jリーグではもう成長できないと感じ、海外のリーグにチャレンジしたが、あまり良い結果が出せず、自分がやりたいサッカーとは違った、または、自分が得意とするようなサッカーではなかった、と言ってJリーグに戻って来る。そんな感じなのかなと思う。」と前々回の記事の冒頭で書いた事が、まさに、そのままだったのかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
従って、「正直、ガッカリしてしまうが、諦めてしまったものは仕方ないし、他の(次の世代の)選手たちに期待する事にして、今はもっと個の力が高い選手たちが出て来るまで待ちたいと思う。」と前々回の記事の冒頭で書いた事が、サポーターに求められるスタンスなのではないだろうか。世界のトップレベルの大会で勝つためのチャレンジは、現在の日本の選手たちには難しかったので、とりあえずは撤退しようと。

自分たちのサッカーでも、アジアでは強豪国の1つでいられるし、日本が100%の状態で、相手が60%以下ぐらいの状態であれば、または、日本が有利、相手が不利、という状況や条件の試合になれば、相手が世界の強豪国だったとしても、勝てたり善戦したりできる可能性もあるから、という事なのだと思う。またそこには、結果が悪くても、これが日本らしいサッカーだから、という大義名分、逃げ道もあるので。

但し、それでも心配になったのは、まだ西野監督には、こういう日本代表にしよう、という定まったイメージが無かったように感じられたし、とりあえずは、ハリルジャパンの時よりは選手に自由を与えるのだろう、という事は感じられたが、そうなってくると、これはトルシエジャパンからジーコジャパンへの流れと同じ? という事。そういう意味では、嫌味として、一貫性があるね、と。同じ事を繰り返す一貫性が。

おそらく、日本のサッカーというのは、このループから抜け出せなくて、しかし、いつの日にか、個の力が世界のトップレベルまで到達できた時に、そのメビウスの輪の外の世界へ行けるのだと思う。思い切ってそこから飛び降りるためには、気付きだけではなく、それができる能力が必要となるから、その時まで待つしかないのかなと。それから、勝たなくても、勝てなくても良いと腹を括れば、そういう生き方もある。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/04/13 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<オーストラリア戦(女子) 【 高倉ジャパンのスタートはここから。 】 | ホーム | 韓国戦(女子) 【 全く改善されていなかった。 】>>
コメント
JFA、代表に日本サッカーを引っ張り上げる気概がなくなってしまった以上はJリーグからの突き上げに期待するしかないのかなと思います
徳島やヴェルディみたいに海外の監督を呼ぶチームが増えれば…
【2018/04/14 09:50】 URL | #-[ 編集] | page top↑
あるスポーツ記事でトルシエが興味深いことを語っていますね。
トルシエによると、協会やスポンサーとの考えにハリルが妥協をしなかったという、協会の言い分に肯定的な考えを示していました。
しかし、アルジェリア代表監督時のハリルも、同じように周りとの間に大きな問題を抱えていたが、その時はハリルは大きく譲歩していた、とも話していました。
もし、それが本当だとしたら、なぜハリルは今回それをしなかったのでしょうか。
そこにすごく重要なことが隠されているような気がしました。
【2018/04/14 02:19】 URL | 中堅読者 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4054-1bd6ccec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |