それ以上の歩み寄りはザックジャパンを繰り返すだけだった。
外国人監督が日本で成功するためのポイントとして、海外でやってきたものを、少し日本人仕様にアレンジする必要がある、という事は確かにある。しかし、何回も書いてきたように、ハリルホジッチは、パスサッカーは否定しなかったし、それから、ハリルホジッチのサッカーを具現化する事だけに固執するのであれば、スピードの無いサイドアタッカーとか、守備力の低い中盤の3枚の選手とか、そういう選手たちを使わない方が良かったと思うのだが、そうしなかったのはなぜか、という事を考える必要があると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
要するにそれが、少し日本人仕様にアレンジする必要がある、という事へのアプローチだったと個人的には思う。もちろん、戦力的な観点から、そうしなければならなくなっていた、という事もあったとは思うのだが、とにかくどちらにしても、そこは妥協した、そういう選手たちを使いながらの勝てるサッカーを模索した、という事だったと思う。しかし、それ以上にもっと、という事になってくると、つまりは、ポゼッションサッカーも、という事になると、もはや、ハリルホジッチが監督である意味が失われてしまう。

そもそもが、そういうサッカーとは違うサッカーを、という事を依頼されて日本代表の監督になったわけであるし、結局、そこまで妥協した場合には、また日本は惨敗したブラジルW杯の時と同じサッカーでロシアW杯も戦う、という事になるから、そこに対してハリルホジッチが強行に拒否したのは、すごく当然の事であると思う。更に言えば、ザッケローニが、ブラジルW杯の後に、日本代表の監督を続けたい、Jリーグで監督をしたい、と全く言わない事も気になるところで、そこにも示唆されるものがあると感じる。

それから、意見するとメンバーから外される、というような報道もされているが、本田がパフォーマンスを上げたのは最近であるし、結局は、ベルギー遠征には呼ばれて試合にも使われているし、岡崎は、1トップがどうなのか、他のポジションでも使えるのに、という事はあるにせよ、代表の試合では、絶対に外せない程の良いパフォーマンスではなかったとも言えるし、香川は、怪我が無ければベルギー遠征にも呼んでいたとハリルホジッチは公言していたから、そこに関しては、きちんと公平な報道をしてもらいたい。

乾についても、前回の記事で書いたように、より得点の可能性がある方を、特にベルギー遠征はテストマッチであったから、宇佐美に最後のチャンスを、という事あったと思うので、意見したからメンバー外になったとは、必ずしも言えないと思う。実際、最近の乾というのは、一時期よりもパフォーマンスを落としていて、それでも個人的には宇佐美よりも乾を推す派だが、最終的なメンバーには乾を選んでいた可能性の方が高かったと思う。そういう事も、きちんと報道しないと、やはり、客観性や公平さに欠くと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/04/16 12:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<個の力が足りないと話は永遠にループし続けるだけ。 | ホーム | むしろ、今回の解任劇で協会が作り出したのは、日本代表を応援し難くなる雰囲気であり、更には、選手たちへの過剰なプレッシャーであると思う。>>
コメント
ハリルホジッチの記者会見は動画配信されたものは動画で、それ以外は全文記載されたものをすべて読んでいますが、
直前のものを読んでも、ハリルホジッチの香川真司に対する信頼はかなり高かったと感じます。

まずハリルホジッチは、怪我人の多さやベストメンバーが揃えられない事を嘆いていました。
このような状況下で監督としては、この一ヶ月に何が起こっても良いよう、できる限り沢山の選手の情報を把握しておく必要があったのは明白です。
記者会見でもこの2試合は「そういう試合」に位置付けらていたのは間違いありません。

アタッカーはまだまだ最後まで探したかったのは分かりますし、結局は乾を戻すのは、あの2試合を見れば想像できますし、それで良いポジションだと思います。
2列目中央は、このタイミングでの香川の怪我が想定外だったのと、セカンドチョイスの清武(記者会見で発言済み)も怪我で、森岡や(出場機会に恵まれない)柴崎でさえ呼ばざるを得ない事態となりました。
ここはハリルホジッチからするとかなり誤算があったと見ています。
その他、守備の要である酒井宏と吉田は言わずもがなでした。

本大会ではまず呼ばれないであろう選手が何人かいて、さあ次はいよいよ主力を戻そうかという、このタイミングで切ってしまったのは愚かでしかないと思います。

オーストラリア戦などを見ても、本気で戦術を叩き込めばハリルホジッチは結果を出すし、そういった大一番にこそ勝負強さを感じる監督でした。
【2018/04/16 22:24】 URL | #-[ 編集] | page top↑
テレビの報道があまりにも酷い。
素人だけでなく、お花畑のサッカー解説者によるハリルの叩かれっぷりが見るに耐えない。
都並(や城)なんて、今さらトップ下に本田を配置していて、もはや溜め息しか出ない。
【2018/04/16 21:18】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4057-3ed14902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |