中国戦(女子) 【 光った岩渕の個の力とボランチの宇津木のサイドの高い位置へと繰り出すミドルあるいはロングのパス。 】
試合 :アジアカップ 準決勝
開催日:2018年4月18日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-1」
得点者:岩渕真奈 横山久美 横山久美(PK) リー・イン(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       増矢理花  岩渕真奈
MF  長谷川唯            中島依美
MF      宇津木瑠美  隅田凜
DF  有吉佐織 三宅史織  熊谷紗希 清水梨紗
GK         池田咲紀子

FW       横山久美  岩渕真奈
MF  増矢理花            川澄奈穂美
MF      宇津木瑠美  隅田凜
DF  有吉佐織 三宅史織  熊谷紗希 清水梨紗
GK         池田咲紀子


W杯への切符を手に入れるまでは慎重に戦っていたが、もうそのタスクは達成したので、この試合の日本はアグレッシブな戦い方を見せ、前半39分、岩渕のゴラッソで先制点を奪う。そして、後半の途中からは、高さのある選手を前線に入れた中国のアグレッシブな攻撃に苦しめられたが、後半40分、途中投入の横山もゴラッソを決め、更には、後半43分にもPKを獲得した日本が3点目も奪い、後半45分には日本もPKで1失点はしたが、スコア「3-1」、そのまま日本が2点のリードを守って勝利を収めた。

この試合の日本については、アグレッシブな戦い方も素晴らしかったと思うが、やはり光ったのは岩渕の個の力。小柄で体格的には劣る岩渕だが、よく動いてボールを引き出し、ボールを簡単には奪われない強さも見せ、そして、得点シーンのプレイは見事だったと言うしかない。更には、ピンチの時には低い位置まで戻って守備をするシーンも多かったり、かなりのハイ・パフォーマンスだった。この試合については、全ての選手たちのパフォーマンスが高かったが、やはり、その中でも岩渕の良さは際立っていたと思う。

また、横山の得点も、彼女の高い個の力が発揮されたものであり、そういう意味では、今の日本の攻撃陣というのは、やはり、過去と比べても同等かそれ以上の個の力を持っていると思う。それから、ボランチの宇津木のサイドの高い位置へと繰り出すミドルあるいはロングのパスも素晴らしく、個人的には、ずっと、そういうパスを出すようにと、もっと大きくサイドをチェンジするような、もっと高い位置のサイドのスペースを使うような、そういう戦い方を要求してきたが、やはり、そうする事は効果的だったと思う。

という事で、これで日本は決勝戦まで駒を進め、そして、その決勝戦の対戦相手はオーストラリア、という事で、グループステージでの試合では引き分けだったが、名実共に、日本とオーストラリア、どちらが現在のアジア王者であるのか、それを決めるに相応しい最高の舞台が整ったと言える。ここまで来たら、やはり、きっちりと優勝して大会を締めくくる、それを最優先にして戦う、という事をするべきだと思う。攻撃も守備も、少しずつだが良くなっている。そして、そうである事を証明するためにも優勝したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/04/18 11:45】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今回の解任劇というのは、まさにその不毛な水掛け論に日本のサッカーを放り込んでしまった、という事に他ならない。 | ホーム | 個の力が足りないと話は永遠にループし続けるだけ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4059-f7921a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |