ハリルジャパンとゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの話。
ゾーンディフェンスかマンツーマンディフェンスか、と問われれば、間違いなく、個人的にはゾーンディフェンス派であるし、日本のチームが採用すべきディフェンスについても、当然、マンツーマンディフェンスよりもゾーンディフェンスであった方が良いと思うのだが、但し、日本の選手の場合、ゾーンディフェンスをやると、1つのすごく大きな問題が出てしまう傾向があり、それは何かと言うと、人に対してディフェンスする意識が極端に低くなる、または、人に対してのディフェンスが極端に軽くなる、という事。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
その問題が発生しなければ、日本人は組織的に動く事を得意としているので、かなり強い守備力を生み出すゾーンディフェンスができると思うのだが、現状は、そもそもとして、個としての1対1の守備力が低い、という事も然り、それにプラスして、人に対してディフェンスする意識が極端に低くなる、または、人に対してのディフェンスが極端に軽くなる、という事も発生する傾向が強いので、場合によっては、ゾーンディフェンスよりもマンツーマンディフェンスをやった方が良い守備ができる、という可能性もある。

なぜ、ゾーンディフェンスをやると、日本人選手は、人に対してディフェンスする意識が極端に低くなる、または、人に対してのディフェンスが極端に軽くなる、という傾向が強くなってしまうのかと言えば、おそらくは、個としての1対1の守備力が低い、つまり、個としての1対1の守備力に自信が無い、という事に起因して、そういうプレイをやりたくない心理が強く働いてしまったり、人数が多く存在していると、もうそれでやられないだろう、という心理状態になってしまうからだと思われる。社会的怠惰の状態。

それから、そもそもとして、ゾーンディフェンスという守備方法が、個としての守備力の高さ、または、個としての強い1対1の守備、それを必要としないものである、と勘違いしている、という事もあるように思う。しかし、本当は、人に対する守備を基本にするのか、ゾーンに対する守備を基本にするのか、という違いがあるだけで、個としての守備力の高さ、または、個としての強い1対1の守備、それを必要とする、という事は変わらない。要するに、それが無いと、形を作っているだけのザル守備になってしまう。

従って、オシムもそうだったと思うし、ハリルホジッチもそうだったと思うのだが、あるいは、ザックもそうだったと思うのだが、まずはマンツーマンディフェンスをやらせたり、または、ゾーンディフェンスではなくマンツーマンディフェンスの方が良いと考えたり、という事になってくるのだと思う。そうすれば、人に対してディフェンスする意識が極端に低くなる、または、人に対してのディフェンスが極端に軽くなる、という傾向が無くなり、その方がチームとしての守備力は上がるだろう、そう考える、という事。

また、最終的にはゾーンディフェンスをやろうと思っているが、そのためには個としての1対1の守備力を上げる必要があるので、親善試合などの強化試合では、勝てなかったとしても、あえてマンツーマンディフェンスで、という事もあると思う。しかし、ハリルジャパンで言えば、ベルギー遠征の2試合を観た人であればわかるように、約3年間それをやってきたが、ほとんどの日本人選手たちの個としての1対1の守備力は上がらなかった。1対1どころか、2対1でも3対1でも、相手を止められない場面があった。

そうなってくると、もはや、ゾーンディフェンス良いのかマンツーマンディフェンスが良いのか、という次元の話ではなくなってしまい、但し、どちらかと言えば、やはりゾーンディフェンスをやった方がリスクは低くなるだろう、という事は言えるので、ハリルホジッチも最終的には、W杯本番では、アジア最終予選のアウェイでのオーストラリア戦でやったような、人数を多くしてのゾーンディフェンスをやってくるだろう、と個人的には考えていた。なぜならば、どう考えたとしても、残る選択肢はそれしか無いので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/04/20 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オーストラリア戦(女子) 【 高倉ジャパンのポテンシャルの高さを示した。 】 | ホーム | 今回の解任劇というのは、まさにその不毛な水掛け論に日本のサッカーを放り込んでしまった、という事に他ならない。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4061-28f7a50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |